京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT
SCHEDULE
イベントスケジュール

イベントスケジュール

井上亜美「The Garden」

ジャンル
  • 美術美術
形   態
  • 展覧会展覧会
事業区分
  • 主催主催
このイベントに申し込む

※詳細はページ下部をご覧ください。

人と生物がせめぎ合う「庭」という小さな世界へ
Co-program2022カテゴリーB採択企画

本企画は京都を拠点に活動するアーティスト、井上亜美による個展です。
井上はこれまで狩猟や養蜂を通して、人間と生物が生きる環境へと目を向けた制作活動をおこなってきました。本展では過去作品に加え、自身のアトリエの庭の細やかな観察から日々生まれてきた新作を展示します。
日時
2023年1月7日 (土) - 2023年2月12日 (日)
10:00-20:00
会場
京都芸術センター ギャラリー北・南
展覧会ステイトメント
私が庭のアトリエに出ると、人間以外の複数の目線を感じる。

暖かい日、フジバカマの蜜を吸いにくる蝶。
どうして、ここに花があるとわかるのだろう。
虫取り網で捕まえて標本にしてみる。
鱗粉が手に付き、翅から光沢が消えてしまった。

私が美しいと感じたのは蝶だったのだろうか。
それとも鱗粉だけを見ていたのだろうか。
捕まえたようで、その正体はつかまえることができない。

日が暮れると一斉に鳴きはじめる虫たち。
私の作った昆虫標本は、夜の間に何者かに喰われている。
彼らのすがたを見たことはないのだけれど――気配を感じる。
掴めそうでつかめなかった、輪郭が浮かびあがってくる。

その感覚は、暗室での現像作業に少し似ている。
電気を消すと、はじめににおいを感じる。
部屋の外のかすかな虫の音が聴こえてくる。

じっとする。耳を澄ませる。情報を手放す。
ふと、そのすがたが目に映りこんでくる。

これまでの感覚から自由になるとき、
私は少しだけ虫や動物たちの世界に足を踏み入れる。


井上亜美
関連イベント
■ アーティストトーク
ゲストを迎え、井上が制作や作品について語ります。

日 時:2023年1月8日(日)14:00-16:00
会 場:京都芸術センター 和室「明倫」 
登壇者:井上亜美
ゲスト:山内朋樹(京都教育大学教員/庭師)
進 行:中谷圭佑(京都芸術センター アートコーディネーター)
定 員:30名(要事前予約)予約はこちら


■ ギャラリーツアー
実際に展示会場を回りながら各作品についてお話します。

日 時:2023年1月28日(土)15:00-16:00
集合場所:京都芸術センター エントランス前 
話し手:井上亜美
聞き手:中谷圭佑(京都芸術センター アートコーディネーター)
定 員:15名(要事前予約)予約はこちら

井上亜美 INOUE Ami

1991年宮城県丸森町で生まれる。2014年京都造形芸術大学(現:京都芸術大学)こども芸術学科卒業。2016年東京藝術大学大学院映像研究科修了。2016年より2019年までHAPSスタジオに滞在。現在、京都芸術大学非常勤講師。京都の山里近くのアトリエを拠点とし、生活の一部として狩猟や養蜂などを実践しながら制作を行う。生き物たちが生きる場所に入り込むことで、その姿や人間との関係性や距離感を捉え、写真や映像、インスタレーションなどの手法で表現する。近年の主な展覧会に「ウルサン現代美術祭 From Now to Now」(2022年、蔚山広域市/韓国)、個展「The piercing eyes」(2019年、Amado Art Space、ソウル市/韓国)、「第21回シドニービエンナーレ」(2018年、コッカトゥー島/オーストラリア)。

Co-programカテゴリーB(共同開催)

本企画“Co-program”は、公募により採択された、自身の活動や実績を積み重ねてきたアーティストやキュレーターと、京都芸術センターが共同で主催する展覧会事業。これまで注目のアーティストの紹介や新たな表現の展開を試みる企画を実施してきました。

主催

井上亜美、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)

問合せ先

京都芸術センター
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mai:info@kac.or.jp

WEB予約

助成

公益財団法人熊谷正寿文化財団

協力

名和昆虫博物館、 .LAB RAINROOTS

一覧へ戻る