京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

ダンサーが語る 第3回 ゲスト:岡登志子

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • レクチャー
  • トーク
事業区分
  • 主催

2012年度に開催した「ダンスを語る」講座に引き続き、さまざまなバックグラウンドを持つダンサー、振付家をゲストに迎える「ダンサーが語る」を開講します!
第3回のゲストには、神戸を拠点に活躍する「アンサンブル・ゾネ」主宰の岡登志子、聞き手に舞踊ジャーナリストの菘あつこを迎えます。

KAC Performing Arts Program 2013 / Contemporary Dance
ダンサーが語る 第3回 
ゲスト:岡登志子
聞き手:菘あつこ(舞踊ジャーナリスト)
2013年11月11日(月) 19:00~21:00

京都芸術センターでは、2012年度に「ダンスを語る」と題し、多角的な視点から舞踊史を紐解くことで現在のダンスへの新たな視座を得ることを目的に、舞踏からバレエ・リュスまで、さまざまな分野のキーパーソンを講師に迎えた講座を開講しました。

2013年度は「ダンサーが語る」と題し、多様なバックグラウンドを持つダンサー、振付家をゲストに招き、新たな講座を開始します。聞き手には気鋭のダンス批評家やアーティストを迎えます。それぞれが紡いできたダンスの流れから現在展開する活動まで、ダンスシーンの流れや社会状況も顧みながらお話を伺うことで、2012年度にテーマとした「歴史」から現在を見る、という視点がより具体的になっていくことを目指します。
日時
2013年11月11日 (月)
19:00~21:00
会場
京都芸術センター ミーティングルーム2
「ダンサーが語る」年間予定
第1回 8月29日 川口ゆい(聞き手:竹田真理/舞踊評論) 
第2回 10月11日 ヤザキタケシ(聞き手:上念省三/ダンス批評)
第3回 11月11日 岡登志子(聞き手:菘あつこ/舞踊ジャーナリスト)
第4回 12月14日 余越保子(聞き手:片山伸吾/観世流能楽師シテ方)
第5回 2014年1月23日 岩下徹(聞き手:上念省三/ダンス批評)
第6回 2014年2月または3月(調整中)

岡登志子

ドイツNRW州立Folkwang芸術大学舞踊科卒業。
神戸を拠点に活動するアンサンブル・ゾネ主宰。
振付家として現代に生きる私たちの共通の身体を通して、人間の実存を問う作品づくりを目指し、年に1作品のペースで新作を発表している。
旧バニョレ国際振付賞日本プラットフォーム3回選出。音楽家、照明家、美術家等様々なジャンルのアーティストと即興ライブを継続的に行っている。
ダンスメソッドの講師として各地でワークショップを行っている。
http://www.ensemblesonne.com

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
TEL:075-213-1000/FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

料金

500円(当日受付にてお支払いただきます)

チケット/申し込み

催し名・氏名・電話番号を添えて、本ウェブサイト内申込フォーム、電話(075-213-1000)、FAX(075-213-1004)でお申込みください。
窓口でも受け付けます。

助成

平成25年度文化庁優れた劇場・音楽堂等活性化事業

一覧へ戻る