京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

Bungakuコンプレックス

ジャンル
  • 演劇
形   態
  • 公演
事業区分
  • 共催
NPO法人京都舞台芸術協会と(公財)愛知県文化振興事業団や日本演出者協会東海ブロックが協同して行ってきました「AAFリージョナル・シアター」は2011年に始まり、地域の垣根を越えた舞台芸術の交流を通じて、互いの舞台芸術の振興を目指してきました。京都からは京都舞台芸術協会プロデュースとして『異邦人』(2011)や『建築家M』(2012)を製作しました。

3カ年計画の最終回となる今回は、今までの経験を踏まえ京都舞台芸術協会と日本演出者協会東海ブロックが「愛知京都演劇プロジェクト」を結成し、愛知県文化振興事業団との共同企画・制作により、演劇作品を製作します。

演目は、我が国を代表する文豪で、『羅生門』、『藪の中』等京都を舞台にした著名な作品で知られる芥川龍之介の作品が原作。京都と愛知から選ばれた新進気鋭の2人の演出家が、共通の舞台美術空間の中で芥川を独創的に解釈し、2作品として連続上演します。

時代を超越した高い評価と、世界規模での人気を誇る文学界の巨匠芥川が描いた世界に、京都と愛知の俊英達が如何に挑むのか、その強い結束力によるコラボレーションにご期待ください。


『羅生門』 構成・演出 村川拓也
『地獄変』 構成・演出 ニノキノコスター
日時
2013年6月21日 (金) - 2013年6月23日 (日)
6月21日(金) 19:00
6月22日(土) 14:00★/19:00
6月23日(日) 14:00
★ 終演後に演出家(ニノキノコスター、村川拓也)らによるトークイベントを開催します。
会場
京都芸術センター フリースペース

村川拓也(演出家・映像作家)

1982年生まれ。2005年、京都造形芸術大学卒業。09年まで、地点に演出助手として所属。独立後は演出家として活動を開始し、ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を様々な分野で発表している。主な作品に『移動演劇 宮本常一への旅 地球4周分の歌』(10年)、『ツァイトゲーバー』(F/T(フェスティバルトーキョー)公募プログラム、11年)、『言葉』(F/T 主催プログラム、12年)、ドキュメンタリー映画『沖へ』(12年)など。

ニノキノコスター(オレンヂスタ/劇作家・演出家)

名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科中退。1997年まで「豊田シティバレエ団」にてクラシックバレエを学び、2003年、名古屋学生劇団協会(NGK)名古屋・大阪2都市合同公演を企画・制作。09年のオレンヂスタ旗揚げ以降、一部を除き全作品を脚本・演出。12年七ツ寺共同スタジオ40周年企画『東京アパッチ族』にて演出助手を担当し、AAFリージョナル・シアター2012 関連企画「京都と愛知、若手演出家4名による合同ワークショップ」の講師の一人として参加。目を覆いたくなるような暴力、耳を塞ぎたくなるような下ネタ、口が歪むような差別など、日常に潜む無自覚な悪意や祈りを、サブカルチャー・ネット・オタクカルチャーネタなどを交えながら描く、エンターテイメント作品を得意とする。

主催

愛知京都演劇プロジェクト

共催

京都芸術センター

URL

http://aichi-kyoto.com

問合せ先

愛知京都演劇プロジェクト(NPO法人京都舞台芸術協会内)
[TEL]080-3110-9727
[E-mail]bungaku_c2013@aichi-kyoto.com

料金

・一般 2,500円
・ペアチケット 4,300円
・ユース(25歳以下/要証明) 1,800円
※前売、当日とも同料金です
※ペアチケットは、チケットを二枚一組で販売するものです

チケット/申し込み

・愛知京都演劇プロジェクト(NPO法人京都舞台芸術協会内)
[TEL]080-3110-9727
[E-mail]bungaku_c2013@aichi-kyoto.com
・京都芸術センター(窓口販売のみ 10:00-20:00)
・CoRich舞台芸術!
http://stage.corich.jp/

一覧へ戻る