京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

【明倫ワークショップ】セレノグラフィカ連続ワークショップ「春の身体によるダンス②」

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • ワークショップ
事業区分
  • 主催
まずは素材を4つ。次に3つをプラス、この日作った動きをもとに参加者全員で一曲踊り切ろう。音楽によって踊りわける楽しみも味わいながら、シンプルなことが作品作りの土台になることを知ろう。

定員: 10 名
※動きやすい服装でお越しください。裸足になります。
日時
2013年4月20日 (土)
16:00 ~ 17:30
会場
京都芸術センター 制作室10

セレノグラフィカ

Selenography(月面地理学)+icaで「月究学派」(時間や場所によって変化する月のようにとらえどころのないものーダンス、そしてアートーを追求する者たち)の意。
97年、隅地茉歩と阿比留修一によって結成、スタイルの確立と解体を続行し現在に至る。何気ない動作を身体操作の観点で捉え直し、多彩な解釈を誘発する作品が持ち味。04年よりメンバーにライティングアーティストの岩村原太が新たに参加。近年は幅広いジャンルの表現者とのコラボレーションを通しデュエットの枠を超えた創作を展開している。06年リヨンダンスビエンナーレ(仏)、パリ日本文化会館(仏)、ダンスアンブレラ(英)からの招聘を受けて初の欧州ツアーを行い、「物語から抜け出した老いた子供」(ル・モンド紙)などと評される。07年夏には釜山インターナショナルサマーダンスフェスティバル(韓国)に、08年に秋にはアートレージフェスティバル(オーストラリア)にも招聘される。また年齢や経験に関わらず、ダンスを楽しむことのできるナビゲートによって、アウトリーチ活動にも意欲的に取り組んでいる。財団法人地域創造「公共ホール現代ダンス活性化事業」平成19、20度、ならびに平成21、22年度登録アーティスト。

主催

京都芸術センター

URL

セレノグラフィカウェブサイト
http://www.selenographica.net/

問合せ先

京都芸術センター
TEL:075-213-1000

料金

料金:無料

一覧へ戻る