京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT
SCHEDULE
イベントスケジュール

イベントスケジュール

ミーシャ・ラインカウフ 「Encounter the Spatial — 空間への漂流」

ジャンル
  • 美術美術
形   態
  • 展覧会展覧会
事業区分
  • 主催主催

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2022

見えない境界を探る
徒歩、潜伏、遊び

海底に積もる砂を巻き上げながら、前方を見据え、ゆっくりと歩くミーシャ・ラインカウフの後ろ姿。作家がとらえようとしているのは「国境」という不可視の線だ。ここは、イスラエルとヨルダン、エジプト、あるいはジブラルタル海峡のスペインの飛び地セウタとモロッコのあいだ。本作《Fiction of a Non-Entry(入国禁止のフィクション)》は、越境困難な陸路ではなく人の手の及ばない海底で、その境界を実際に跨ごうと歩き続ける作家自身のドキュメンタリーでもある。
また、ラインカウフは東日本大震災直後の東京を起点に、ロシア、モンゴル、アテネ、ウィーン……と移動を繰り返し、各都市の安全性を担う巨大インフラ=地下水路や下水道、シェルターなどに潜ってきた。その暗闇から外の世界を見つめた作品《Endogenous Error Terms(内生的エラー)》も同じく展示される。
現代アートの文脈では、ブルックリン橋に掲げられていた星条旗を白旗に変え、その様子をマティアス・ヴェルムカとともに映像作品とした《Symbolic Threats》が有名だろう。本展では、都市や国家における物理的空間のはざま、大きなコントロールシステムの歪みで遊ぶ作家の、新たな探求をのぞき見ることができる。
日時
2022年10月1日 (土) - 2022年10月23日 (日)
10:00~20:00
※10月1日(土)は22:00まで
※入場無料
会場
京都芸術センター ギャラリー北・南

ミーシャ・ラインカウフ

ベルリン生まれ、在住のラインカウフは、都市環境の隠された可能性や、国境、規則、建築、障壁を通じた空間の様々な制限を作品で扱っている。準自然的な秩序に介入することで、一時的な苛立ちを生み出し、再コーディングのための空間を開くような状況を引き起こしている。特に、公共空間とアクセス制限のある非公共空間の境界線に焦点をあてている。ラインカウフのクロスメディア活動は、パフォーマンス、ビデオ・インスタレーション、フィルム、写真なども含む。彼の作品は、ベルリン国際映画祭、東京都現代美術館、ボン美術館、カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター、マニフェスタ11、ストックホルム近代美術館、ヘルシンキ市立美術館などの映画祭、美術館、アートスペース、ギャラリーで国際的に展示されている。

作家ウェブサイト:こちら

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2022

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭は、2010 年より毎年京都市内で開催している国際舞台芸術祭です。国内外の「EXPERIMENT(エクスペリメント)=実験」的な舞台芸術を創造・発信し、芸術表現と社会を、新しい形の対話でつなぐことを目指しています。
演劇、ダンス、音楽、美術、デザイン、建築などジャンルを横断した実験的な表現が集まり、そこから生まれる創造、体験、思考を通じて、舞台芸術の新たな可能性をひらいていきます。

ウェブサイト:こちら

主催

京都国際舞台芸術祭実行委員会(京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、京都芸術大学 舞台芸術研究センター、THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)

URL

https://kyoto-ex.jp/shows/2022_mischa_leinkauf/

問合せ先

KYOTO EXPERIMENT 事務局
〒604-0862 京都市中京区少将井町229-2 第7長谷ビル6F

Tel:075-213-5839(11:00–19:00 日曜・祝日休[開催期間中は無休]) 
Fax:075-213-5849 
Mail:info@kyoto-ex.jp

料金

入場無料

※KYOTO EXPERIMENT 2022の他のプログラムをご鑑賞の際にはチケットの購入が必要な場合があります。詳細につきましてはKYOTO EXPERIMENT 2022ウェブサイトをご確認ください。

感染症対策について

・37.5°以上の発熱のある方や体調不良の方はご入場できません。
・マスクの着用、こまめな手指消毒、ソーシャルディスタンスの保持にご協力ください。
・新型コロナウイルス感染拡大状況によってはやむなく中止、内容を変更する場合があります。

一覧へ戻る