京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT
SCHEDULE
イベントスケジュール

イベントスケジュール

Co-program 2021 カテゴリーA 劇団しようよ『セミへブン』

ジャンル
  • 演劇演劇
形   態
  • 公演公演
事業区分
  • 主催主催

拠り所なき「この世」に捧げる、生と死のセンス・オブ・ワンダー。

《セミヘブン(その世)》、
それは「この世」と「あの世」の間にあるもの。
人々がいのちをアップロードしてクラウド化する社会に、
とある母子がいた。
中年を迎えた息子を、年老いた母は忘れつつある―

劇団しようよ、旗揚げ10周年の〈救済劇〉


出演=
西村 花織(劇団しようよ/劇団飛び道具)
夏目 慎也(東京デスロック)
南波 圭(なんばしすたーず/青年団)
大柿 友哉
波多野 伶奈
前田 隆成(ハコボレ)

----------

旗揚げから10年が経ちました。「劇団しようよ」の大原です。
10年前、大きな地震があり、どうして演劇をするのだろう、とそんな「問い」を投げかけられたような思いの中、活動を始めたのを覚えています。あれから10年が経ち、またもなぜ演劇が必要なのか、どうして表現をするのか、深く鋭い「問い」が突き刺さるような思いでいます。

どうにも「死のフチ」への憧れが拭えません。その生と死の境界にはどんな景色が広がっているのでしょう。以前、僕が住んでいる部屋には幽霊がいる、と言われたことがあります。それを聞いた時、ホラーな怖さと同時に、どこか、死のフチをまたいだその幽霊に対する大きな羨望と期待を抱いたのを覚えています。生と死の境界をまたいだその時、どんなだった?どんな気分?どんな感覚?できることならその幽霊に会ってみたいとさえ思いました。
劇団しようよでつくってきた作品は、どれも小さく些細な感傷に眼差しをむけるものでした。そんな小さな痛みは、どこから生まれてくるのだろうと考えた時、何が「拠り所」であれば良いのか、どいうことかもしれないと思いました。少なくとも僕は、そんな「拠り所」を探しあぐねてここまで生きてきたように思います。何が心にあれば良いのか。誰が心にあれば良いのか。小さく、弱いもののための物語を作りたいと思います。

大原渉平(劇団しようよ 作・演出) 

***
旗揚げ10周年を迎える劇団しようよ主宰の大原さんが旗揚げ公演から順に、これまでの作品やその当初のことをnoteで振り返っています!毎日更新中。
劇団しようよをなつかしく感じる方も、初めて知るという方も、この10年を一緒にたどってみてください。
↓↓↓
こちら
日時
2021年12月17日 (金) - 2021年12月19日 (日)
12月17日(金)18:00~
12月18日(土)12:00~/15:00~
12月19日(日)11:00~/15:00~
会場
京都芸術センター 講堂
新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン
・37.5°以上の発熱のある方や体調不良の方はご入場できません。
・マスクの着用、こまめな手指消毒、ソーシャルディスタンスの保持にご協力ください。
・新型コロナウイルス感染拡大状況によってはやむなく中止、内容を変更する場合があります。

京都芸術センターにおける来館者の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを以下の通り施行いたします。

適応期間:2021年9月10日~当面の間
京都芸術センターにおける新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン

劇団しようよ

2011年旗揚げ。「人間の存在感」をキーワードに、社会からこぼれ落ちてしまいそうな「弱さ」をヒントに、小さな感傷にフォーカスし、そこから観客の原風景にアクセスする作品を展開中。2015年「第6回せんがわ劇場演劇コンクール」(東京)でオーディエンス賞受賞。2015〜2017年アトリエ劇研(京都)創造サポートカンパニー。2016年よりKAIKAアソシエイトカンパニーとして活動を行う。

主催

京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、劇団しようよ

URL

劇団しうよ『セミへブン』特設サイト
https://www.gkd-444.com/next/

問合せ先

メール:gkd_444_@yahoo.co.jp
電話 :090-4745-2670(制作いいづか)

料金

一般 3,000円
U30 2,500円
高校生以下(要学生証呈示) 1,000円

チケット/申し込み

京都芸術センター窓口(10:00-20:00)
※窓口での取扱は11月下旬開始予定

下記より予約、購入が可能です。
事前決裁(購入)
当日精算(予約)

助成

文化庁「ARTS for the Future!」補助対象事業

協力

一般社団法人フリンジシアターアソシエーション supported by KAIKA

一覧へ戻る