京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT
SCHEDULE
イベントスケジュール

イベントスケジュール

令和3年度アーティスト・イン・レジデンスシンポジウム

ジャンル
  • 美術美術
  • その他その他
形   態
  • レクチャーレクチャー
  • トークトーク
事業区分
  • 受託受託

関わりの方法としてのアーティスト・イン・レジデンスを考えるシンポジウムを開催

昨年度からの新型コロナウイルス感染症による渡航制限や移動制限は長期化の様相を見せており、アーティスト・イン・レジデンス(AIR)をはじめ移動を伴うプロジェクトの実施には様々な困難が伴う状況が続いています。

これまでアーティストと地域の人々との関わり合いを創出してきたAIRプログラムですが、特にコロナ禍においては「関わり」について新たな思考が求められているようです。日本各地で個性豊かなプログラムを実施する運営者やキュレーターのお話を通して、コロナ禍で、あるいはコロナ以降にアーティスト・イン・レジデンスはどのような「関わりの方法」を持ちうるのかを中心に考えるシンポジウムを開催します。

13:30 アーティスト・イン・レジデンス活動報告
BEPPU PROJECT|山出淳也(NPO法人BEPPU PROJECT代表理事/アーティスト)
Hospitale Project|赤井あずみ(Hospitale Projectプログラム・ディレクター)

15:00 休憩

15:15 ディスカッション「関わりの方法としてのアーティスト・イン・レジデンス」
赤井あずみ×小田井真美(さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター)×山出淳也×服部浩之(キュレーター/進行)

16:15 Res Artis Bangkok ミーティング報告

チラシ(PDF)ダウンロード
日時
2021年11月4日 (木)
13:30~16:30
会場
京都芸術センター フリースペース/オンライン参加
募集要項・応募用紙
【現地参加】
定員:30名程度(先着順)
申込フォーム:https://forms.gle/mMdYw2c5sHJheUw3A

【オンライン参加(zoomウェビナー】
定員:500名(先着順)
申込フォーム:https://forms.gle/b1MnR15vtu39zViW8

赤井あずみ(あかい・あずみ)/Hospitale Project

Hospitale Projectプログラム・ディレクター。1975年生まれ。トーキョーワンダーサイト、あいちトリエンナーレ2010を経て、2012年鳥取市街地の廃病院にて展覧会「HOSPITALE」を企画、以来アーティスト・イン・レジデンス・プログラムを柱とするアート・プロジェクトとして活動を続ける。2013年には旧旅館施設に「ことめや」をオープンし、コワーキング・スペースやレジデンス事業のほか、人の営みにまつわるさまざまな事柄についての企画を行う。現在、鳥取県立博物館美術振興課および鳥取県立美術館整備局 主任学芸員(近現代美術)。

小田井真美(おだい・まみ)/さっぽろ天神山アートスタジオ

さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター。1966年広島市生まれ。npo S-AIR(北海道)、Trans Artists(オランダ)、アーカスプロジェクト(茨城)、VISUAL ARTS FOCUS(フランス)など国内外のAIR事業とその背景に関するリサーチ及び、AIR事業設計・事業運営や創造的活動のための環境整備に多数関わる。現在はアートとリサーチセンター、さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター。チームやめようメンバー。

山出淳也(やまいで・じゅんや)/NPO法人BEPPU PROJECT

NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事/アーティスト。1970年生まれ。文化庁在外研修員としてパリに滞在(2002〜04)。アーティストとして国際的に活躍した後、2004年に帰国。2005年にBEPPU PROJECTを立ち上げ現在にいたる。混浴温泉世界実行委員会 総合プロデューサー(2009〜)、第33回国民文化祭・おおいた 市町村事業 アドバイザー、文化庁 審議会 文化政策部会委員(第14期〜16期)、グッドデザイン賞 審査委員(2019年〜)、山口ゆめ回廊博覧会コンダクター(2019年~)などを歴任。平成20年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(芸術振興部門)。

服部浩之(はっとり・ひろゆき)

キュレーター。1978年愛知県生まれ。愛知・秋田拠点。早稲田大学大学院修了(2006、建築学)。秋吉台国際芸術村(2006-2009)、国際芸術センター青森(2009-2016)で約10年間アーティスト・イン・レジデンスに従事する。アジアの同時代の表現活動を研究し、様々な表現者との協働を軸にしたプロジェクトを展開。近年の企画に、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(2019年)、「200年をたがやす」(2021年、秋田市文化創造館)など。現在、秋田公立美術大学大学院と東京藝術大学大学院で教鞭をとる。

主催

文化庁

共催

共催:京都市
運営事務局:京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)
協力:AIR Network Japan

URL

https://kac.or.jp

問合せ先

京都芸術センター
TEL: 075-213-1000
FAX: 075-213-1004
E-mail: residence@kac.or.jp

一覧へ戻る