京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT
SCHEDULE
イベントスケジュール

イベントスケジュール

KAC Performing Arts Program 2021/Theater 合田団地『リゾート(なかった青春の末路としての)』

ジャンル
形   態
事業区分
  • 主催主催

どうせ今日一日も無為に過ごしてしまうことになるだろう。
これからも、何もかも全部を有耶無耶にしていってしまうのだろう。

京都芸術センターでは開設以来、劇作家・演出家の育成や、演劇作品の創作・発表を支援してきました。本事業では劇作家・演出家の合田団地と協働し、戯曲の創作とその上演を行います。
合田はこれまで、一対一の会話や小さな人間関係を切り取って拡大して描きながら、その背景には社会構造が透けて浮かぶような作品を多く創作してきました。そこには、わたしたちの決断できなさや格好つかなさ、弱さや劣等感への寛容さがあります。
様々な変化に晒されるなか、それでも変わらない/変われない、自分ひとりのことや目の前の人との関係に、改めて焦点をあてます。

 
----------------


面白くて、小さくて精巧な、体温を感じられる、呼吸をちゃんとしているようなお芝居を作りきりたいと思っています。そういうお芝居が必要だと思うので。よろしくお願いします。

 作・演出 合田団地
日時
2021年
9月25日(土)14:00
9月25日(土)18:00
9月26日(日)14:00
9月26日(日)18:00
*受付開始・開場は、開演の30分前
会場
京都芸術センター フリースペース
作品のあらすじ
 部屋。布団が二枚敷かれている。それ以外には何もない殺風景な部屋。
 二人、眠っている。カーテンの外はとっくに明るくなっていて、でも、二人には関係ない。置いていかれてしまった二人はそんな毎日をもうずっと続けている。
 「オリンピックってもう終わったんだっけ?」「知らない。興味ないから」「あれ。結局やったんだっけ?やるんだっけ?」「だから、興味ないんだって」
 興味ないんじゃ困るな、と思ったけど、でも、それは自分だって同じ。同じだから訊いたのだ。『オリンピックまでには』という約束は、ダラダラと過ごすうちに有耶無耶になってしまった。枕元には苦しまずに死ねる薬が転がっている。
 どうせ今日一日も無為に過ごしてしまうことになるだろう。これからも、何もかも全部を有耶無耶にしていってしまうのだろう。
 「もし、もう終わってたり、なくなってたりしてたんだったら最悪だね」「なんで?」「これまでにはっていう目標がなくなっちゃったから」「そうだね。急いで違う目標を作らないとね」
作・演出
合田団地
出演
岩越信之介 尾形柚香 澤田誠 夏井菜月
スタッフ
照明|渡辺佳奈
音響|森永恭代
舞台監督|長峯巧弥
メインビジュアル|MISSISSIPPI
フライヤーデザイン|関川航平

合田団地(ごうだ だんち)

努力クラブ所属。作家、演出家、たまに役者。1987年生まれ。高校時代、演劇部に入部したことを機に演劇を始め、佛教大学劇団紫を経て、2011年佐々木峻一とともに努力クラブを結成。以降、京都を中心に活動する。戯曲賞に応募したら、一次は何度か通ったことはあるんですけどね。あ、一回だけ最終選考まで残ったことがあります。STORY FOR TWOという素晴らしいラジオドラマ番組の作家を務めさせていただきました。ありがとうございました。大喜利が好きです。

岩越信之介(いわこし しんのすけ)

1998年生まれ。大学入学後に演劇サークルで演劇を始める。
サークル内では役者、舞台スタッフ、演出などを経験。
映像作品に出演することもしばしば。
役者として活動することがほとんどではあったが、演出をやるのが一番好きだった。
最近太りたいという気持ちが強くなり、なんとか太ろうと努力している。

尾形柚香(おがた ゆか)

1994年生まれ。劇団かまとと小町所属。
主な出演作に、劇団Patch『磯部磯兵衞物語~浮世はつらいよ~高尾山地獄修行編』・『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~天晴版』、劇団金蘭座復活公演『農業少女』、劇団壱劇屋ダンジョン公演『ルミエールの冒険』、VOGA旗揚げ20周年記念公演『about XX』、Baghdad cafe本公演『野獣降臨』、縁劇フェスババロワーズラボラトリー『2019のピンボール』、かまとと小町本公演『熱海殺人事件売春捜査官』、遊劇舞台二月病本公演『sand glass』など。

澤田誠(さわだ まこと)

1983年生まれ、石川県出身。大学在学中から演劇を始める。
出演団体は石原正一ショー、ピースピット、dracom、エイチエムピー・シアターカンパニー、THE ROB CARLTON、WI`RE、StarMachineProject等、多岐に渡る。
パルコプロデュース『毛皮のマリー』(演出・美輪明宏)、映画『大奥‹男女逆転›』、NHK BSプレミアムドラマ『リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~』出演・方言指導など小劇場以外でも活動する。
2019年から澤田誠企画を開始。これまで末満健一、久野那美、広田淳一、合田団地の戯曲を上演している。

夏井菜月(なつい なつき)

1999年生まれ、兵庫県出身。海に遠吠え所属。2016年から関西にて演劇活動を開始。
会話劇を中心に出演を重ね、リアルをベースにした演技で存在感を放つ。
現在は自身が主宰を務める団体、海に遠吠えの脚本家・演出家・女優・制作としてマルチに活動中。
主な出演作に、ハネオロシ『雨降る正午、風吹けば』、ソキュウ第五.五回公演『蟻のプール』など。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
Tel 075-213-1000
Mail info@kac.or.jp

料金

一般 2,500円 
U25 1,800円

*当日は各500円増
*全席自由
*U25は当日要身分証提示
*未就学児入場不可

チケット/申し込み

●LivePocket(オンライン決済)

 https://t.livepocket.jp/e/resort

 *24時間受付
 *クレジットカード決済、コンビニ決済
 *要会員登録(無料)


●京都芸術センター 窓口
 〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 *受付 10:00-20:00
 *現金のみ
 *お電話でのお申込みは受け付けておりません。

助成

芸術文化振興基金助成事業

協力

舞夢プロ

ご来場のお客様へのお願い

・37.5°以上の発熱のある方や体調不良の方はご入場できません。
・マスクの着用、こまめな手指消毒、ソーシャルディスタンスの保持にご協力ください。
・新型コロナウイルス感染拡大状況によってはやむなく中止、内容を変更する場合があります。
・万一感染が発生した場合にそなえ、主催者によるお客様の氏名、連絡先の把握にご理解とご協力をお願いいたします。
※感染者が出た場合など必要に応じて保健所等の公的機関に情報提供をいたします。
※主催者は個人情報の取り扱いに十分注意いたします。

一覧へ戻る