京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

【アンサンブル・ゾネダンス公演 関連企画】大野一雄『睡蓮』上映会+トーク

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • トーク
  • その他
事業区分
  • 共催

舞踏家 大野一雄氏、慶人氏による舞台作品『睡蓮』の中に踊りの本質を見出し、現在の私たちの価値観においてその『踊りの本質』に迫る。時代を超えて心を打つ表現とは何か、現代においての『ダンス』の可能性を改めて問いたい。

2021年1月22日(金)~24日(日)に公演を行うアンサンブル・ゾネダンス公演『Song of Innocence 無垢なるうた』の関連企画。
大野一雄の作品を京都芸術センターで上映するのは2015年の『大野一雄映像展』以来5年ぶり、『睡蓮』は初めての上映です。
日時
2021年1月16日 (土)
①14:00~
②17:00~
※イベント開催時間90~100分
会場
京都芸術センター ミーティングルーム2
上映作品
大野一雄 舞踏公演『睡蓮』
1994年テアトル フォンテ (約70分)

映像記録・編集:水谷イヅル  
制作     :大野一雄舞踏研究所
『睡蓮』
舞踏のパイオニアである大野一雄、大野慶人それぞれのソロとデュオで構成された作品。1986年土方巽が逝去して後、大野慶人が初めて演出した。1987年6月シュツットガルト世界演劇祭にて初演。1988年ニューヨーク公演でリメイク再演された後、世界各地で87回の上演を重ねた。関西では1997年大阪トリイホールにて公演。

コメント 岡登志子より

『睡蓮』の映像で見たその無垢なる美しさに感動したことが、創作の基盤となっています。
存在から迸る踊りの本質そのものをみることができる作品だと思います。
映像を観て頂くことで、アンサンブルゾネ作品『Song of Innocence 無垢なるうた』を
鑑賞する一つの手がかりとなればと思っています。                                      

新型コロナウイルス感染症対策について

こちらのガイドラインを必ず読んだ上でご参加ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前にご予約をお願いします。

主催

アンサンブル・ゾネ

問合せ先

アンサンブル・ゾネ
メールアドレス:ensemblesonne@gmail.com

料金

無料

一覧へ戻る