京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

おうちでアートやってみよう第1弾 市川まや「イスにすわっておどろう&白鳥の湖をおどる」

ジャンル
  • 音楽
形   態
事業区分
  • 主催

「おうちでアート」関連動画「おうちでアートやってみよう」。第1弾は、振付家・ダンサーの市川まやによるイスに座ってのダンス&白鳥の湖を4回にわたりお届けします。こども・ご年配の方でも誰でも家でダンスが楽しめる!!

3月初旬より、京都市・京都芸術センターが共同で運営している情報発信コンテンツ「おうちでアート」。新型コロナウィルスの影響で自宅にとどまらざるをえなくなり、文化芸術活動へのアクセスが制限されてしまっているこどもを主な対象として、これまで情報発信を行ってきました。

今回から「おうちでアート」の新しいコンテンツとして、アーティストの指導と実演をご紹介する「おうちでアートやってみよう」を始動します。この動画を配信することで、こどもも含めより多くの人々が、自宅でアートに触れることができ、そしてアートを実践しながら楽しめる機会の創出を目指します。

「おうちでアートやってみよう」第1弾は、振付家・ダンサーの市川まやによる「イスにすわっておどろう&白鳥の湖をおどる」。これから4回にわたり、イスに座って踊るダンスを毎回紹介し、さらに4回にわけてクラシックバレエ音楽の名曲「白鳥の湖」の振付を行い、最終的に1つのダンスにしていきます。

ご自宅で、こども・親子・おじいちゃん・おばあちゃんみんなで、Let's Enjoy Dance!!
日時
2020年5月15日(金)ー6月30日(火)(※終了予定)
会場
それぞれのご自宅内
こいのぼりダンス&白鳥の湖ダンス第1回
動画前半では、童謡「こいのぼり」にあわせてイスに座ってこいのぼりダンス。後半ではイスに座って白鳥の湖の第1回目の振付です。家にあるモノをつかって衣装をつくりながら、こいのぼり・白鳥になりきっておどってみましょう。
市川まや こいのぼりダンス&白鳥の湖ダンス第1回https://www.youtube.com/watch?v=LNhOVthzsXk
かたつむりダンス&白鳥の湖ダンス第2回
動画前半では、童謡「かたつむり」にあわせてイスに座ってかたつむりダンス。後半ではイスに座って踊る白鳥の湖の第2回目の振付です。今回は、京都芸術センターの近所の地域のおじさんにzoomで振付を行いながら、コミュニケーションとダンスを楽しんでみました♪
https://youtu.be/hKU65kzh4Z0
イスにすわっておどろう番外編
今回は番外編。鳥のさえずりも聞こえるよく晴れた日に、気持ちがいいので、zoom生演奏つきでイスダンスをしてみました。
https://youtu.be/Al8To-Ui1DY

出演:魚谷尚代
われは海の子ダンス&白鳥の湖ダンス第3回
今回は、おうちにある白いカーテンを使って、「われは海の子」のイスダンスをしました。ダンサーのエリンギさん家族とタカカーンさんをさそってzoomで白鳥の湖ダンスもおどりました♪
https://youtu.be/oJBlVue5C4U

出演:エリンギ(ダンサー)とさつきちゃん・みつきちゃん、髙橋誠司あるいは一方でタカハシ 'タカカーン' セイジ(アーティストでもありすごす人)
ほたるこいダンス&白鳥の湖ダンス第4回フィナーレ
「白鳥の湖」イスダンスの振付も完成し、今回でフィナーレをむかえます。

前半は「ほたるこい」でイスダンス!懐中電灯を使って遊びながら踊ってみよう!「白鳥の湖」イスダンスでは、完成した振付をもとに、こどもたちとお母さんたちと一緒にzoomを使いながら踊ってみました♪ 新見さんファミリー&玉井さんファミリーご参加頂きありがとうございました!
https://youtu.be/3TMAW78KIh4

出演:新見さんファミリー(まことさん&かんじん)、玉井さんファミリー(あみさん&ふうかちゃん&こはるちゃん)
楽曲提供など
●第1回 古瀬ゆうき(童謡歌手)、クラシック名曲サウンドライブラリー

●第2回 ゆめある、クラシック名曲サウンドライブラリー

●番外編 楽曲提供は魚谷尚代、ならびに協力は株式会社テラヤマ・ワールド、株式会社サンリオ(寺山氏の詩「キスが下手なわけ」はサンリオ出版からかつて発刊されていた『詩とメルヘン』1975年9月号に掲載されていたものである。)

●第3回 ゆめある、クラシック名曲サウンドライブラリー

●第4回 ゆめある、暮らし行く名曲サウンドライブラリー

市川まや(振付家・ダンサー)

大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース卒業。同大学大学院修了。2008年~2011年に劇団維新派に役者として在籍。2009年よりKyoto Dance Exchange(以下KDE)に参加し、ダンサーのみならず幼児から100歳を超える一般市民とダンス作品の制作・発表をする経験を積み、現在代表を務める。2015年オランダへ移住し、KDEでオランダ公演等を行う。2016年にはダンサーと地域をつなぐダンスプロジェクト「弾丸だんす」を始動。これまでアムステルダム、ライプチヒ、京都、福岡、名古屋など世界各都市で実施。2017年Netherlands choreography competitionファイナリスト選出。同年に帰国し、京都を拠点に活動中。ワークショップフェスティバルDOORSの講師や障がい者向けバレエクラスの講師も務め、2019年にはマーク・モリスらによって開発された、パーキンソン病患者のためのダンス・プログラムDance for PDの指導者向けWSを受講、自身でもパーキンソン病当事者の人とともに椅子に座って踊るWSを京都・名古屋で実施。2019年に、関西クリエィティブアワード2019グランプリ・当日特別賞ともに受賞。

主催

京都市、京都芸術センター

問合せ先

TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

一覧へ戻る