京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

KAC Performing Arts Program 2019 / Theater 演劇作品における新たな主体をめぐって

ジャンル
  • 演劇
形   態
  • 公演
  • トーク
事業区分
  • 主催
このイベントに申し込む

※詳細はページ下部をご覧ください。

―ソン・ギウン『外地の三人姉妹』リーディング
―サファリ・P「コソボ公演報告会」
―『カオラマ』(作:松原俊太郎)を考える

4月に京都芸術センター開設20周年を迎えるにあたり、開設当初よりゆかりのあるアーティストらと共に、京都における演劇のこれまでとこれからを考える3つのイベントを開催します。


■ソン・ギウン『外地の三人姉妹』リーディング
アントン・チェーホフ『三人姉妹』をもとにして、日本統治下の朝鮮半島を舞台に描きなおしたソン・ギウン氏の新作を、大阪大学文学研究科の学生と協働してリーディング形式で上演します。
21日の終演後には、2008年に京都芸術センターでソン・ギウン作品をリーディング上演した、演出家の筒井潤(dracom)をゲストに招き、日韓共同制作などについてトークを行います。

日時:2月21日(金)18:00 ※アフタートークあり、22日(土)14:00
会場:フリースペース
作・演出:ソン・ギウン
アフタートークゲスト:筒井潤(dracom)
料金:無料 ※要事前申込
主催:大阪大学文学研究科、京都芸術センター


■サファリ・P「コソボ公演報告会」
昨年コソボ共和国にて行った『悪童日記』の上演について、サファリ・Pが報告行します。また、コソボ共和国に関する専門家を招き、長く紛争が続いたバルカン半島に位置するこの国の状況や、演劇が作り出す国際交流の可能性について話し合います。

日時:2月22日(土)17:00-20:00
会場:講堂
料金:無料 ※要事前申込
主催:サファリ・P、京都芸術センター
登壇者:
月村太郎(同志社大学政策学部教授)
住吉哲志(京都新聞記者)
山口茜(サファリ・P)


■『カオラマ』(作:松原俊太郎)を考える
詳細は追ってお知らせします
日時
■ソン・ギウン『外地の三人姉妹』リーディング
 2月21日(金)18:00 ※アフタートークあり
 2月22日(土)14:00

■サファリ・P「コソボ公演報告会」
 2月22日(土)17:00-20:00
会場
京都芸術センター フリースペース、講堂ほか

ソン・ギウン

1974年、大邱生まれ。劇作家、演出家。第12言語演劇スタジオ主宰。1999年、東京外国語大学への交換留学の際に日本語を学び、平田オリザ戯曲などの翻訳、野田秀樹の『赤鬼』韓国バージョン(2005)・『半神』(2014)、多田淳之介・東京デスロックとのコラボレーションなど、日本演劇との交流と合作に深く関わっている。

サファリ・P

利賀演劇人コンクール2015にて優秀演出家賞一席を受賞した『財産没収』(作:テネシー・ウィリアムズ)の上演メンバーにより結成。パフォーマー(俳優・ダンサー)・技術スタッフ(照明・音響)・演出部(演出家・ドラマトゥルク)からなる劇団。既成戯曲・小説から作品を立ち上げる。物語に底流する作者の生い立ち、時代背景などを重視してテキストを紐解き、独自の身体性と発話により舞台化する。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
TEL:075-213-1000

料金

無料
※要事前申込

WEB予約

一覧へ戻る