京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

アーティスト・イン・レジデンスプログラム2019 : エクスチェンジ/ ARTSPACE 滞在制作報告会&次年度募集説明会

ジャンル
  • 美術
形   態
事業区分
  • 主催

前田耕平によるシドニー滞在報告と、次年度募集説明会を開催!

京都芸術センターでは、Australia Council for the Arts 及びARTSPACE(シドニー)を海外パートナーとし、エクスチェンジプログラムを行っています。2年目となる2019 年度は美術作家の前田耕平が公募により選出され、シドニーで滞在制作を行いました。
このたび、本プログラムの本年度の審査員の一人である原久子氏(アートプロデューサー)を聞き手に迎え、約2ヶ月の滞在制作を終えた前田耕平によ
る報告会を行います。また、次年度の募集内容についても、京都芸術センターの担当者よりご説明します。
応募を検討されている方は、ぜひご参加ください。

※次年度の募集要項は、報告会当日以降にウェブサイト等で発表します。報告会当日にも要項を配布します。

登壇:前田耕平
聞き手:原久子(アートプロデューサー)
日時
2019年11月10日 (日)
14:00~15:30
会場
京都芸術センター ミーティングルーム2

前田耕平(まえだ・こうへい

1991 年和歌山県生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科構想設計専攻修了。人や自然、物事との関係や距離に興味を向け、自身の体験を手がかりに、映像やパフォーマンスなど様々なアプローチによる探求の旅を続けている。近年の活動に、南方熊楠の哲学思想を追った「まんだらぼ」プロジェクトや、タイにナマズを探しにいく「パンガシアノドン ギガス」などがある。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」にて神戸市長賞を受賞。 
web: koheimaeda.com/

原久子(はら・ひさこ)

アートプロデューサー。1980 年代半ばから関西を拠点に、編集、執筆、展覧会企画等に関わる。主な共同企画に「六本木クロッシング2004」(森美術館)、「Between Site &Space 」( 2008 トーキョーワンダーサイト渋谷、2009 ARTSPACE シドニー)、「あいちトリエンナーレ2010」(愛知県美術館ほか)、「パリに笑壷を運ぶ -現代日本映像作品展」(2012 年、パリ日本文化会館)、「六甲ミーツ・アート芸術散歩」(六甲山各所)など多数。 共編著「変貌する美術館」(昭和堂)ほか。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
TEL:075-213-1000
E-mail:info@kac.or.jp

協力

Australia Council for the Arts、ARTSPACE

助成

平成31 年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業

一覧へ戻る