京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

Co-program(コープログラム)2020プラン募集!

京都芸術センターと共同で公演や展覧会を実現しませんか。

京都芸術センターは、異なるパラダイムの触発・融合・溶解の中から、新しく挑戦的な芸術文化を創造することを目指しています。そのためにアーティストとの連携を強化して創作・発表の幅をさらに広げるべく、Coprogramを実施します。

Co-programでは、京都芸術センターと共同で行う事業プランを募集します。審査を経て採用されたプランについて、申請者と京都芸術センターが共に実現に向けて取り組みます。また、2020年に京都芸術センターが創立20周年を迎えるにあたり、今回の募集では「時間の積み重ね」に関連するプランを歓迎します。

皆さまからの先駆的かつ実験的な企画をお待ちしています。

※2020年9月以降、建物の改修工事を予定しており、一部会場が使用できません。

【募集枠】
・カテゴリーA「共同制作」(公演事業)
・カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)
・カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、レクチャー、ワークショップ等)
・カテゴリーD「KAC セレクション」
(演劇、ダンス、音楽、伝統芸能等の舞台芸術の分野で、発表に限定して支援を行う)

カテゴリー毎の詳細はこちらの募集案内をご覧ください。

募集案内


【応募期間】
2019年10月23日(水)–11月23日(土)

【実施期間】
カテゴリーA…2020年4月–8月
カテゴリーB…2021年2月下旬–3月下旬
カテゴリーC…2020年4月–2021年3月
カテゴリーD…2020年4月–8月 ※平日開催を優先します


【プラン条件】
芸術・文化に関係する事業で、広く一般に公開される事業

【募集分野】
ダンス、演劇、音楽、美術、伝統芸能、その他

【審査基準】
新規性があり、実験的であること

【応募資格】
意欲的な芸術表現を試み、市民との交流に対する活動を継続的に展開している芸術家・芸術団体及びそれらを支援する個人・団体
※営利活動、宗教的、政治的活動を主たる目的とする事業には使用できません。
※カテゴリーA~Cにおいては、別途募集する京都芸術センター制作支援事業(制作室)との重複申請も可能です。ただし、プランに合わせて日時等要調整。

【応募方法】
次の➀〜➂をE-mailにて提出してください。
※資料は➀〜➂合計3MB以内にしてください。

所定の申請書(「A. 共同制作」「B.共同開催」「C.共同実験」はフォーマットI のみ、「D.共同発表」はフォーマットI とII の両方)

申請書(word形式)

申請書(PDF形式)


事業に関する企画書・予算書
企画概要や予算のほかに、スケジュール、図面などの資料がある場合はPDFにて添付すること。書式自由。ただしPDF資料はA4サイズ(最大4枚まで)で統一すること。

活動資料
経歴、活動歴等を明記したプロフィール、これまでの活動の内容がわかる資料や批評文等。ただしPDF資料はA4サイズ(最大4枚まで)で統一すること。
※過去作品もしくは制作の様子がわかる画像または映像等のウェブリンク(ダウンロードリンクは不可。必ずオンライン上で参照できるものであること)があれば、最大3件まで活動資料内に記入してください。画像・映像ファイルは直接E-mailに添付しないでください。

【提出方法】
件名を「主催者名_カテゴリー〇応募」とし、E-mailにてお送りください。  
例)「京都芸術センター_ カテゴリーA応募」※郵送・持込での提出不可

提出先:co-program(a)kac.or.jp ※(a)を@に置き換えてください

【審査・実施手順】
申請→事務局による書類審査→通知:2019年12月中旬
面談(書類審査通過者対象):2019年12月中旬–2020年1月→最終決定
※書類審査の結果は応募者全員にE-mailで通知します。

各会場の平面図はこちらからダウンロードできます。※掲載のない会場の図面が必要な場合はお問合せください。

ギャラリー北・南
 
講堂
 
大広間
 
フリースペース


【問合せ】
京都芸術センター コープログラム担当
TEL: 075-213-1000
E-mail: co-program(a)kac.or.jp ※(a)を@に置き換えてください
一覧へ戻る