京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

谷中佑輔 パフォーマンス ~)Dis)Oriental Whaling~: プロジェクト“クジラの地理的身体”

ジャンル
  • 美術
形   態
  • 公演
事業区分
  • 主催
このイベントに申し込む

※詳細はページ下部をご覧ください。

日本ポーランド国交樹立100周年記念
「セレブレーション ー日本ポーランド現代美術展ー」パブリックイベント

~)Dis)Oriental Whaling~: プロジェクト“クジラの地理的身体”

「セレブレーション-日本ポーランド現代美術展」の出展作家・谷中佑輔が展示空間でパフォーマンスを行います。
日時
2019年5月18日 (土) - 2019年5月19日 (日)
開演19:00(上演時間約1時間)
会場
京都芸術センター 講堂
セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-
日本とポーランドの国交樹立100周年を記念して行われる現代美術展。京都芸術センターの他、The Terminal Kyoto、ロームシアター京都を会場に、21組のアーティストが展示をします。
会期:2019年5月18日(土)~6月23日(日)

詳細はこちら

谷中佑輔

1988年大阪市生まれ。2012年京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業。在学中には、中央美術学院造形芸術研究科実験芸術専攻交換留学(中国)。2014年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2014年から2016年にかけて東山 アーティスト・プレイスメンツ・サービス[HAPS]スタジオアーティストとして京都を拠点に活動。2016年サンタンデールバンクによるプログラムでジョアン・ジョナスのワークショップに参加。アートアワードトーキョー丸の内2014 グランプリ受賞。2016年京都市芸術文化特別奨励者認定。2016年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてベルリンに滞在。物質に身体を介在させ、変化する両者の緊張関係を、パフォーマンス作品として提示する。主な個展に「In/Flesh/Out」(クンストラウム・クロイツベルク/ベタニエン[マリアネンプラッツ、TWSレジデンスルーム]、 ベルリン、2015年)、「Galatea」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2014年)。主なグループ展に「Scrolling」(Scroll, Scrl, +DEDE、ベルリン、2018年)、「不純物と免疫」(Tokyo Arts and Space Hongo、東京、2017年)など。

主催

アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

共催

共催:京都市、京都市立芸術大学
助成:野村財団
協賛:Melody Tours、Zakłady Ceramiczne "Bolesławiec"

問合せ先

京都芸術センター
TEL: 075-213-1000
FAX: 075-213-1004
E-mail: info@kac.or.jp

料金

1,000円

WEB予約

事前予約の方優先

チケット/申し込み

ウェブサイトまたはお電話にてお申し込みください。
京都芸術センター窓口(10:00-20:00)でも受け付けます。

一覧へ戻る