京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

王子月(ワン・ジユエ) コミュニティ演劇ワークショップ「小说?诗?/ Novel or Poem?」

ジャンル
  • 美術
  • 演劇
形   態
  • ワークショップ
事業区分
  • 主催

アーティストと共に演劇を創作する参加者を募集します!

京都芸術センター×A4 Art Museum アーティスト・イン・レジデンスプログラム

アーティストとともに演劇作品をつくるワークショップ。身体を動かすワークや対話を通してひとりひとりの人生や想像力をもとにした演劇作品を創作します。

アーティストより
京都で、私はコミュニティ演劇を創作したいと考えています。伝統文化や芸能に対する地元市民の考え方について調査し、彼らと協働して私自身のメディア横断的な実験演劇と合わせてコミュニティ演劇のパフォーマンスを創作します。
「小説」と「詩」は共に、自分の人生の現在の人生を要約するためのスタイルを借用したメタファーです。 「小説」は特定の生命過程の記述であり、器械的なイメージの物語であると思います。他方で 「詩」は、精神と意図を集約した人生の洗練を指します。両者はふたつの美学・表現へ向かっていくものです。
私が関心を持っているのは、京都の人々が現代社会にどのように暮らしているのか、京都の歴史と伝統文化を自分の人生にどのように融合させているのか、そして自分の人生と様々な芸術との関係を理解することです。伝統的な生活と現代の生活にどのように向き合うべきなのか、ふたつの時代・文化のなかで、どのような自己の一貫性を保っているのか。こうしたことを京都の人々と一緒に分析するために、この「コミュニティ演劇ワークショップ」の参加者としてさまざまな年齢の方々を8人程度、募集したいと考えています。
                          ――ワン・ジユエ
日時
2018年11月11日(日)、18日(日)25日(日)、12月1日(土)、2日(日)
※最終日は予備日
各日 11:00 – 17:00 (お昼休憩あり)
※11日/18日のみの参加も可。
会場
京都芸術センター 制作室9(北館3階)
対象
演劇経験不問。どなたでもご参加できます。
料金
無料
定員
8名程度
締切
2018年11月10日(土)
備考
・体を動かすワークがあります。動きやすい格好でお越しください。
・動画撮影を行います。
予定プログラム
■“破冰”-肢体游戏工作坊 /「アイスブレイキング」ボディ・ゲーム・ワークショップ
参加者同士の自己紹介をかねて、簡単なゲームをしながら場の雰囲気をほぐしていきます。

■艺术人生地图/アートのライフマップ
あなたの人生とアートについて、いくつかの質問に答えながら自由な地図を作ります。

■故事营/ストーリーキャンプ
アーティストが5つの質問をします。その理由も一緒に答えてください。
答えを元に台詞を作成していきます。
質問の例)詩と小説のどちらになりたいですか?それはなぜでしょう。

■肢体创作练习/身体創作実践
このセッションでは、深い思い出を掘り起こし、身体の動きと筋肉の記憶を通して人生の一部を想起させ、言語と物理的な想像力を発達させることに取り組んでいます。

■排演+拍摄/リハーサル+撮影
前回のワークショップで作成したテキストに基づいて事前にプロジェクトを構築し、ダンスを設計し、ワークショップ参加者を立ち上げて自分の人生の経験と経験を行い、共同で新しい歴史的記憶を作ります。このパフォーマンスプロセスは、プロセス全体を映像作品として記録します。

王子月/Wang Ziyue(ワン・ジユエ)

1988年、中国山東省生まれ。中国杭州市中国美術学院でBA・MAを取得。現在は上海を拠点に活動している。2017年には上海でCapsule Mall experimental theater を立ち上げた。主な個展に、「Broken Idols」FenMian Art Space、広州、2016年、「Relax , the Force Has Got Your Back」Tabula Rasa Gallery、北京、2015年があるほか、2017年のコミュニティシアター「Dinghaiqiao Community Theater ”Dinghaiqiao Mutual-aid Society”」上海など、これまでに様々なプロジェクトを行っている。
王子月ホームページ(中国語・英語)

主催

京都芸術センター、A4 Art Museum

問合せ先

京都芸術センター
電話:075-213-1000
Eメール:info@kac.or.jp

WEB予約

※WEB予約は終了しました
一覧へ戻る