京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

セレブレーション ー日本ポーランド現代美術展ー    オープン・リサーチ・プログラム           #1”Hiroshima/Love” project

ジャンル
  • 美術
  • 音楽
  • 演劇
形   態
  • レクチャー
  • その他
事業区分
  • 主催
ポーランドの芸術、文化についての理解を深める機会としてのオープン・リサーチ・プログラムの第1弾『Hiroshima/Love』projectを開催。

広島、アウシュヴィッツ、ポンペイ。ポーランドの気鋭のアーティストによる、破壊の記憶と愛を体感するレクチャー・パフォーマンス。
日時
2018年11月22日(木)
19:00 ~ 20:00
会場
京都芸術センター 南ギャラリー
ポーランド芸術祭 2019 in Japan
2018年ポーランド建国100周年、そして2019年に日本・ポーランド国交樹立100周年を迎えるにあたり、ポーランド広報文化センター、駐日ポーランド共和国大使館、アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート等が中心となり「ポーランド芸術祭2019 in Japan」を開催する。全国各地で、音楽、美術、映画、文学等、ポーランドの芸術、文化を伝える事業が多数行われる。
セレブレーション ー日本ポーランド現代美術展ー
「ポーランド芸術祭2019 in Japan」の一環として開催される現代美術展。2019年5月中旬から約1カ月にわたり、京都芸術センター他、京都市内のいくつかの会場で、日本、ポーランドを代表する先鋭的な現代美術家、約20組による作品を展示する。

ユリア・ホレヴィンスカ(劇作家、ドラマツルク)

1983年生まれ。劇作家、ドラマツルク。ワルシャワ国立演劇アカデミーで教鞭をとる。ワルシャワ国立演劇アカデミー卒業。2010年に「Foreign Bodies」で、Gdynia Drama Awardを受賞。以後、精力的に創作に取り組み、多数の作品を生み出す。また彼女の脚本は英語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語、ルーマニア語、イタリア語、チェコ語、スロバキア語、日本語、ウクライナ語、スウェーデン語、カタロニア語に翻訳され、“Dialog”や“Konteksty”等にも掲載される。「Foreign Bodies」は2012年に、ヨーロッパの演劇コンテストで最も重要なもののひとつStueckeMarktで、ファイナリストに選出されている。

トマシュ・シェルシェン(美術家、リサーチャー)

1981年生まれ。美術家、写真家、人類学者、アート・リサーチャー。ウッチ映画大学の写真学科を卒業、ワルシャワ大学の文学部にて、芸術に関する学際的な個人研究でPH.D.を取得。オンライン・ジャーナル“View. Theories and Practices of Visual Culture”の共同創設者、季刊“Konteksty”の編集者。ポーランド科学アカデミー美術研究所の助教授。歴史の余白や美術における人類学的動機だけでなく、写真と文学、イメージと言葉の関係性にも注目し、プロジェクトを行う。ワルシャワ在住。ワルシャワの中心部にある歴史ある共同住宅の中につくられたAsymetriaギャラリーの代表も務める。

ラデク・ドゥダ(作曲家)

1979年生まれ。ワルシャワのアンダーグラウンド・ミュージックシーンで活躍する作曲家、プロデューサー、マルチミュージシャン。また、多数の演劇や舞踊等の舞台作品に音楽を提供している。Frozen Bird groupを主宰し、2012年にアルバム「Frozen Bird- Terry's Tale」を発表した。ヨーロッパ各地のフェスティバルに出演し精力的に活動を続ける。2015年にザブジェで行われた現代演劇祭Festiwal Dramaturgii Współczesnejで音楽賞を受賞。

主催

アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート
京都芸術センター

共催

京都市、京都市立芸術大学

URL

http://www.kac.or.jp/

問合せ先

京都芸術センター 事務局(10:00~22:00)
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
Tel: 075‐213-1000
Mail: info@kac.or.jp

料金

参加費無料・事前申込不要

一覧へ戻る