京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

謡曲ひとめぐり―みみききプログラム#2 素謡の会「うたいろあはせ」関連企画

ジャンル
  • 伝統
形   態
  • 公演
事業区分
  • 主催
このイベントに申し込む

※詳細はページ下部をご覧ください。

後白河法皇ゆかりの寺院、長講堂で謡を楽しむ

能一曲を所作や囃子を伴わず、座した状態で謡のみで表現する上演形式「素謡(すうたい)」を軸に、能楽の魅力を紹介する「素謡の会」。その関連企画として、謡曲をより深く楽しむ企画「謡曲ひとめぐり」を2014年より開催しています。謡曲ゆかりの場所を訪れ能楽師による素謡を聴くことで、詞章に描かれた風景やひとびとに思いをめぐらせ、謡の世界を体感することが出来るでしょう。

今年度は、後白河法皇ゆかりの寺院、長講堂で『仏原』を上演します。謡曲の世界にひたる贅沢な時間を、是非ご堪能ください。
日時
2018年9月15日 (土)
受付13:00 開場13:30 開演14:00
会場
長講堂(下京区富小路六条)
演目・出演
演目:仏原(ほとけのはら)
出演: 河村晴道、味方玄、田茂井廣道、曽和鼓堂
企画・ナビゲーター
田茂井廣道(能楽師・観世流シテ方)
みみきき(耳利き)プログラムとは
京都芸術センターの人気企画、「明倫レコード倶楽部」、「素謡の会」、そして「Kyo×Kyo Today」。2017 年より、「みみきき(耳利き)プログラム」としてシリーズ化し開催しています。お得な半券割引もありますので、お気軽にお越しください。

[みみききプログラム2018 年度の予定]
#1 明倫レコード倶楽部
 4月21日(土)、9月1日(土)、12月1日(土)、2019年3月2日(土)
#3 Kyo×Kyo Today
 2019年2月1日(金) ※詳細は後日発表します

半券割引:京都芸術センター窓口でのチケット購入時、または公演当日の受付にてご精算時に、他の「みみききプログラム」の半券をお持ちください。200 円割引いたします。1 回のみ有効。ただし、明倫レコード倶楽部の半券で、次回以降の明倫レコード倶楽部のチケットを割引する場合は、100 円引きになります。

※「素謡の会」年間席札の購入には、半券割引はご利用いただけません。ただし、明倫レコード倶楽部・Kyo×Kyo Todayのご精算時に「素謡の会」年間席札をご提示いただくと、200 円割引いたします。(1回のみ)

田茂井廣道(たもい・ひろみち)

1970年生まれ。 田茂井廣和の長男。 幼少期より河村晴夫、長じて13世林喜右衛門に師事。 3歳で初舞台。現在までに『石橋』『乱』『道成寺』『望月』を披く。 2005年度より京都芸術センター主催の素謡の会のナビゲーターを勤める。 海外公演の参加多数あり。 子供から大人向まで、様々な世代へのレクチャーを行なうなど、多方面から能楽の普及に努めている。

長講堂(下京区富小路六条)

寿永2年(1183年)、後白河法皇が六条西洞院にあった御所・六条殿に建立した持仏堂。再三の火災に見舞われ、豊臣秀吉によって今の地に移転された。本尊の木造阿弥陀三尊像は後白河法皇ゆかりと言われ、重要文化財に指定されている。

地図はこちら

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
TEL: 075-213-1000
FAX: 075-213-1004
email: info@kac.or.jp

料金

前売1,500円/当日1,800円
※年間席札はお使いいただけません。
※限定30席

WEB予約

一覧へ戻る