京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

N///K『風と毛穴 器官と音』

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • 公演
  • ワークショップ
事業区分
  • 共催

奥野美和率いるダンスカンパニーN///K初の京都公演。毛穴/皮膚を観客への窓口として、猛烈に生きる身体部位の声と音を空間に描く。

Co-program 2018 カテゴリーD(KACセレクション)採択企画

本作『風と毛穴 器官と音』は、約1年をかけて構築されます。今年3月にワークインプログレス公演を行い、今回の京都公演を経て、集大成として来年2月に東京で発表を予定しています。
奥野はソロ活動で「骨と肉の関係性に重点を置いた振付」をテーマに身体の在り方を探求してきました。本作ではその身体の在り方をカンパニーダンサーと徹底的に共有し、独創的な身体に着目した演出を目指します。進化し続ける奥野の身体表現に、どうぞご期待ください。
日時
6月9日(土)15:00/19:00
6月10日(日)14:00
会場
京都芸術センター フリースペース
出演
奥野美和、小山衣美、鈴木春香、ながやこうた、松尾望
関連企画
奥野美和による「解:体ワークショップ」
独自のダンスメソッド「自由になるための解体された身体」を体験していただきます。
日時: 6月7日(木)
〈昼の部〉14:00-17:00
〈夜の部〉18:30-21:30
会場:フリースペース
料金:各回2,500円
定員:各回20名(先着順/要事前申込)

ワークショップのご予約はこちらのウェブサイトをご覧ください。

N///K(ナチュラル・キラー)

2014年、奥野美和を中心に結成。これまでに「Artificial」(アンスティチュ・フランセ東京、2014年)、「REAL CONTROLLER〈リアル・コントローラー〉」(横浜BankART、2016年)、身体インスタレーション「(見)捨てられた身体」(2017年)、「Namelessness-名のないカラダ-」(d-倉庫、2017)を発表。今年秋にはカンパニー初となる海外公演を控える。団体名〈ナチュラル・キラー(NK細胞)=癌やウイルスを抹消する細胞〉にあるように、身体や社会を含めたあらゆる環境に存在する問題(=癌/ウイルス)を繊細に感じ取り、先見の明を持ち〈未来を想像し、今すべき創造〉を考え行動するアーティストかつアクティビストで在ることが創作の原動力となっている。ダンス作品を中心に、パフォーマンスのあいだに成立する身体表現や、身体を素材に扱う映像作品や身体インスタレーションなどの場所を選ばない活動も実施。 2017年4月よりstudio ARCHITANZが運営すA.S.P(アーティスト・サポート・プログラム)のサポートを受け国内外にて活動中。

奥野美和

ダンサー・振付家。N///K主宰。3歳よりモダンバレエを始め、2002年大東文化大学に入学しモダンダンス部に所属。大学卒業後、北村明子率いるダンスカンパニー〈レニ・バッソ〉に参加。2009年よりソロ活動を開始し骨と肉の存在に重点をおいた「自由になる為の解体された身体」をテーマに振付を行い国内外にて活動。横浜ダンスコレクションEX2013にて〈若手振付家のための在日フランス大使館賞〉〈MASDANZA賞〉、同年インターナショナル・コンテンポラリーダンス・コンペティションMASDANZA18(スペイン)にて〈審査員賞〉を受賞。 
2017年東京藝術大学先端芸術表現専攻にて修士号を取得。代表作に、「ハイライト オブ ディクライン」(2013年)、「B/O/N/E」(2015年)など。2017年にはPARCO production「この熱き私の激情」(原作:ネリー・アルカン、演出:マリー・ブラッサール、主演:松雪泰子)にダンサーとして出演。

主催

N///K

共催

京都芸術センター

URL

https://www.miwaokuno.com/

問合せ先

E-mail:nk.info.jp@gmail.com

料金

公演:
一般前売2,800円/当日3,000円
学生前売2,300円/当日2,500円

奥野美和による「解:体ワークショップ」:
各回2,500円

チケット/申し込み

カンフェティ(TEL:0120-240-540 平日10:00-18:00)、N///K HP 、京都芸術センター窓口(10:00-20:00)

一覧へ戻る