京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

体験教室02 連句 言葉を連ねる、想いを連ねる

ジャンル
形   態
事業区分
  • 共催

連句は言葉のキャッチボール!
知的なコミュニケーションにチャレンジ!

興味はあるけれど、どう始めたらいいのかわからない、ちょっと試しにやってみたい!子どもも大人も同じ場で、それぞれの視点で取り組む体験教室です。
どのようにして作品ができるのかを体験し、つくる喜びと、そこからまた一味違った鑑賞の愉しみを発見するチャンスです!

数人のグループ「座」をつくり、「五・七・五」の句から想像を広げ、「七・七」と次の句を詠む。
これを繰り返してひとつの作品をつくる〈連句〉は「座の文学」とも呼ばれ、長い歴史を持つ伝統的な日本の文学です。その時・その場所を共にして、実際に体験するのが一番の楽しみ方!
つくり方のコツや歴史的背景を学びながら、知的コミュニケーションを体験してみませんか。

 講 師:京都府連句協会
 参加料:無料
 定 員:20名(先着順)
 対 象:高校生以上
 持ち物:筆記用具
 内 容:
  1日目(お話)連句について
     七・七に続く五・七・五をつくる「前句付け」体験
  2日目 前回の「前句付け」作品の発表・検討
     (お話)連句の歴史
  3日目 座ごとに分かれて連句をつくる実作体験 *座:4~5人のグループ
  4日目 前回の作品を座ごとに発表・講評
日時
2018年3月4日(日)、10日(土)、18日(日)21日(水・祝)
13:30 - 15:30
会場
京都芸術センター ミーティングルーム2

京都府連句協会

2008年春創立。筒井紘一を会長に、京都府下6つの会(千代の会・古都連句会・ふたば会・三金会・いろは会・三木半の会)によって構成される。会員は現在、約100名。各会では毎月例会を催行し、句から句へ連想を楽しんでいる。

主催

京都市、
公益財団法人京都市芸術文化協会

問合せ先

公益財団法人京都市芸術文化協会
(京都芸術センター内) 
TEL 075-213-1003

チケット/申し込み

【申込方法】
教室名・お名前・参加人数・年齢・電話番号・E-mailアドレスを、電話もしくはWEBサイトからお知らせください。
【申込先】 
公益財団法人京都市芸術文化協会
(京都芸術センター内) 
TEL 075-213-1003

一覧へ戻る