京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

アーティスト・イン・レジデンスプログラム2017 Kyoto Art Center × GRANER(バルセロナ) マヌエル・ロドリゲス ダンスワークショップ

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • ワークショップ
事業区分
  • 主催

バルセロナからリサーチのため滞在中の、振付家・ダンサー・ヴィジュアルアーティストとして活躍するマヌエルのダンスワークショップ

京都芸術センターでは、2000年よりアーティスト・イン・レジデンスプログラムを実施し、異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする、新進又は若手のアーティストや研究者の京都での滞在制作を支援してきました。
今回はバルセロナのダンスセンター、GRANERと連携し招聘する、ダンサー・振付家のマヌエル・ロドリゲスのワークショップを開催します。
数々のダンスのコンペティションで活躍し、ヴィジュアルアーティストとしても作品を発表する、彼の手法と視点を紹介します。
日時
2017年10月26日(木)
18:00~21:00
会場
京都芸術センター 制作室10 ※会場が変更になりました。ご注意ください。

マヌエル・ロドリゲス

ダンサー、振付家、ヴィジュアルアーティスト。身体を可塑性のある乗り物として捉え、異なるアーティスティックな言語間の衝突を用いて、知覚と造形を乗り越える、表象と抽象の力に着目し作品を制作している。"Burgos / NYC"国際振付コンテスト1位、コペンハーゲン国際ダンスコンペティション2位、第17回MASDANZA振付コンテスト(2014)、グダニスク国際ダンスコンテスト(2014)1位、批評家連盟のベストダンサーにノミネート等、受賞歴多数。
http://www.manuelrodriguezr.com/

主催

京都芸術センター
GRANER

URL

京都芸術センター
http://www.kac.or.jp
GRANER
http://granerbcn.cat

問合せ先

E-mail : info@kac.or.jp
TEL : 075-213-1000

料金

要事前予約。多数の場合は選考を行います。

WEB予約

対象:ダンサー。振付家。身体表現に取り組むパフォーマーやアーティスト。ダンスや身体表現を学ぶ学生。

チケット/申し込み

京都芸術センターウェブサイト、TELにて受付

一覧へ戻る