京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

Alain Michard+Mathias Poisson ワークショップ「あたらしい地図をつくる」

ジャンル
  • 美術
  • ダンス
  • その他
形   態
  • ワークショップ
事業区分
  • 主催
このイベントに申し込む

※詳細はページ下部をご覧ください。

アーティスト・イン・レジデンスプログラム2017
「プロムナード・ブランシュ・キョウト」関連企画
身体を通して、京都の街を感じるワークショップ

 振付家のアラン・ミシャール、造形作家のマティアス・ポワソンと共に、身体を通じて京都の街を感じてみるワークショップです。
 音やにおいで街を体感したあと、その記憶をもとに地図や絵、文章で街を表現します。

 「大学生向け」、「小学生(3年生以上)向け」、「一般向け」の3つのコースがあります。
日時
2017年9月21日 (木) - 2017年9月29日 (金)
会場
京都芸術センターと周辺地区 ※制作室11に集合
募集要項・応募用紙
■■ 大学生向け連続ワークショップ ■■
文章や地図、写真などで体験を再現します。建築と身体の関係性や、サイトスペシフィックなアート、パフォーマンスに興味のある方はぜひご参加ください。

日時:9月21日(木)・22日(金)・25日(月)・26日(火)・27日(水)
各日18:00-21:00

対象:アートや建築、身体表現を学んでいる、もしくは興味がある大学生、大学院生、専門学校生。
定員:各回15名(要申込・先着順)
※歩きやすい靴、服装でお越しください。
※5日間全て受講することが望ましいですが、やむを得ず欠席される場合は事前にご連絡ください。
※希望者は、小学生・一般向けワークショップなどにアシスタントとして参加していただけます。詳細は、ワークショップ内でお伝えします。

■■ 小学生向けワークショップ ■■
まちを歩いて、自分だけの地図をつくってみよう!
日時:9月24日(日)10:30-12:30
対象:3年生以上の小学生
定員:10名(要申込・先着順)

※歩きやすい靴、服装でお越しください。
※保護者の方も一緒にご参加いただけます。

■■ 一般向けワークショップ ■■
音やにおいで街を体感したあと、その記憶をもとに地図や絵、文章で街を表現します。
日時:9月25日(月)・26日(火)・27日(水)10:30-12:30
     28日(木)・29日(金)10:30-12:30 / 19:00-21:00
対象:中学生以上
定員:各回15名(要申込・先着順)
※歩きやすい靴、服装でお越しください。
※各回同内容ですので、いずれか一回にお申し込みください。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター

料金

参加無料

WEB予約

製作

LOUMA、-able

共同製作

京都芸術センター、アンスティチュ・フランセ関西

協力

ヴィラ九条山、京都造形芸術大学、アンスティチュ・フランセ パリ本部+ブルターニュ地域圏

助成

平成29年度文化庁アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際交流促進事業

一覧へ戻る