京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

映画『躍る旅人-能楽師・津村禮次郎の肖像』公開記念イベント「越境する身体」

ジャンル
  • ダンス
  • 伝統
形   態
  • トーク
事業区分
  • 共催

能楽師・津村禮次郎ついに関西に上陸!

トークセッション「越境する身体」
『躍る旅人-能楽師・津村禮次郎の肖像』関西公開を記念して、トーク・イベントを行います。津村禮次郎は、古典能のみならず、バレエ、コンテンポラリー・ダンス、パントマイム、バリ舞踊など、異ジャンルとのコラボレーションを精力的に行ってきました。その津村禮次郎と、関西を拠点とする現代舞踊家で、やはり既存の枠組みにとらわれることのない表現活動を行っている砂連尾理、関典子が、新たな表現の創造の秘密に迫ります。

異能の表現者たちが引き起こす刺激的な化学反応をお見逃しなく!

<トークゲスト>
津村禮次郎
砂連尾理
関典子

<ナビゲーター>
上念省三(舞踊評論家)
三宅流(映画監督)

*イベントの詳細やその他ゲストのプロフィールはこちらからご確認いただけます。
日時
2016年12月2日 (金)
19:00~21:00(終了予定)
※開場18:30~
会場
京都芸術センター ミーティングルーム2

津村禮次郎 Reijiro Tsumura

1942年福岡県生まれ。観世流緑泉会代表会主。重要無形文化財(能楽総合)指定保持者。社団法人日本能楽会。公益社団法人能楽協会会員。一橋大学在学中より女流能楽師のパイオニア・津村三紀子に師事。古典能のほか創作能、ダンス、和太鼓、邦楽など他ジャンルのアーティストとのコラボレーション作品が多数。演劇では野田秀樹作品に協力。ダンス作品では森山開次、酒井はな、森優貴、小尻健太、平原慎太郎、小野寺修二、アレッシオ・シルベストリンらと創作、共演。また2010年度文化庁文化交流使としてロシア、ハンガリーに派遣される。

主催

究竟フィルム

共催

京都芸術センター

URL

「躍る旅人 | 能楽師・津村 禮次郎の肖像」公式ウェブサイト
http://www.odorutabibito.com/

問合せ先

究竟フィルム
Email:info@nagaru-miyake.com

料金

予約500円/当日700円
*全席自由

チケット/申し込み

究竟フィルム
Email:info@nagaru-miyake.com

一覧へ戻る