京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

京都国際ダンスワークショップフェスティバル2016

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • 公演
  • ワークショップ
  • その他
事業区分
  • 主催

リニューアル!! テーマはReconstruction(再構築) !!

京都芸術センター開設当初より、発表支援事業(共催事業)として継続開催し、昨年度20周年を迎えた「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)。
2016年度一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメントの協力を得て、京都芸術センター主催で開催します。引き続き、国内外で活躍する優れた振付家・ダンサー・アーティストを招いて、プロフェッショナルなダンサーが育っていくための環境を考察/学ぶ場を拓くとともに、さまざまなプロジェクトを通して年齢、経験を問わず、広くダンスに親しみ、楽しめる場も設けます。

日時:2016年4月22日(金)-5月8日(日)
会場:講堂、フリースペース、大広間他
講師:アビゲイル・イェーガー、フランチェスコ・スカベッタ、トム・ヴェクスレール、坂本公成、森裕子、カティア・ムストネン、ルイス・ガレー、ディディエ・テロン、森井淳、セレノグラフィカ

==============
<ディレクターより>
リニューアル!!! テーマはReconstruction !!(再構築)
昨年度の20周年を一区切りにし、21周年を迎えるこのフェスティバルでは運営体制を一新し、京都芸術センター主催の事業としてリニューアルして展開していくことになりました。
 ここではこれまでの試みを継承しつつ新しい展開を展望し、日本全国、そして世界からダンスを学びたい人々にとってのプラット・ホームでありたいと考えています。このフェスティバルを通して学んだことや出会った人々との新たなネットワークやプロジェクトを通じて、自身の新しい活動が「再構築」されていく、そういう<場>作りを目指します。
USA のノースキャロライナ芸術大学や、スウェーデンとのエクスチェンジに加え、来日公演を行う予定のディディエ・テロン作品のオーディションなど、このフェスを通じて、新しい回路に接続していく機会が満載です。
身体を通して聴き取れるもの。皮膚、筋肉、骨と内臓という具体的な身体を生成しているものにより鋭敏になると共に、呼吸、エネルギー、フロー、時間、空間、情報、記憶、イメージなど、様々に私達の身体を織りなし、生成変化させているものに新しく気づき、自身の身体をとりまく知覚を発展的に再構築していく。そういう身体作りのプロセスを目指します。
プログラム・ディレクター 坂本公成
==============
日時
2016年4月22日 (金) - 2016年5月8日 (日)
会場
京都芸術センター 講堂、フリースペース、大広間他
ワークショップ WORKSHOP
各クラスの詳細や料金は下記よりご確認ください。
京都国際ダンスワークショップフェスティバル/ワークショップWORKSHOP
http://www.kac.or.jp/events/18101/
イベント情報 EVENT INFORMATION
WS受講者以外の方も下記のイベントにご参加いただけます。
ダンスに関心のある方は是非!

■ショーイング
一部クラスの成果発表を公開します。事前申し込み不要。当日ご参加ください。

日時:5/8(日)
会場:講堂

A3 フランチェスコ・スカベッタ 13:30-15:30
A4 トム・ヴェクスレール 16:00-18:00
C2 ディディエ・テロン 19:30-21:00

■明倫ボディサロン
日時:4/29(金・祝)-5/8(日)11:00-20:00頃
会場:大広間

身体メンテナンスができる場や、各地のダンス情報を集めたコーナーを設置しています。78畳の和室の空間で休憩したり、参加者、講師とのコミュニケーションを深め、気軽にダンスにふれる場としてご利用ください。

■関連企画
期間中講師による新作公演、ダンス映像の上映会を予定しています。また記録撮影や講師および受講者への取材等を行うドキュメントスタッフも募集しています。詳細は随時WEBよりご確認ください。
YOUTH TANK PROJECT
フェスティバル受講者には、WSだけでなくさまざまなプロジェクトのオーディションやミーティングも開催し、さらなる飛躍の場を提供します。

■オーディション AUDITION
応募要項: 3月上旬ウェブサイトに掲載。
申込締切:4/24(日)必着
応募者説明会:5/4(水・祝)
結果発表:各クラス最終日

*応募者説明会は5/4(水・祝)14:00-17:00、京都芸術センター大広間にて開催します。
 
①京都×USA交換研修
[選考]アビゲイル・イェーガー(UNCSA教授)
アメリカのノースキャロライナ芸術大学(UNCSA)とフェスティバルが提携し、選出された研修者がお互いのプログラムに参加する交換研修プログラムです。今年はUNCSAから研修生がフェスティバルに参加し、フェスティバルからはUNCSAにて2週間程度の授業に参加する予定です。

応募条件:A-1アビゲイル・イェーガー通し受講者

②京都×スウェーデン ダンスエクスチェンジ
[選考]フランチェスコ・スカベッタ
スウェーデンにてVitlycke-Center for performing artsを運営するフランチェスコによる“A Surprised Body”ワークショップに本フェスティバルから2名の参加者を招待します。

応募条件:A-3フランチェスコ・スカベッタ通し受講者

③『膨らんだ冒険』出演者オーディション
[選考]ディディエ・テロン
2016年来日公演を行う予定の『膨らんだ冒険』の出演者をフェスティバル参加者より若干名選出します。

応募条件:C-2 ディディエ・テロン通し受講者

■スカラーシップ制度 SCHOLARSHIP
スカラーシップ制度
国内外、多方面で活躍する全国の推薦者から意欲的なダンサーを推薦してもらい、経済的負担のサポートとダンサーのネットワークを開拓しています。

<推薦者>1月13日現在 *五十音順 敬称略
岩淵多喜子(振付家、ダンサー/ Dance Theatre LUDENS主宰、インテグレイティッドダンスカンパニー響芸術監督、日本女子体育大学講師)
小川珠絵(舞踊家・舞踊作家/TMPPスタジオ主宰)
勝部ちこ (C.I.co. /CIFJ実行委員会代表)
きたまり(ダンサー・振付家)
玖島雅子(ダンサー・振付家/ART COMPLEX HIROSHIMA)
古後奈緒子(ダンス批評・舞踊史研究)
シンヤ B(テンプル大学 上級准教授)
隅地茉歩(ダンサー・振付家/セレノグラフィカ)
関典子(ダンサー・振付家/神戸大学大学院准教授)
富田大介 (追手門学院大学 社会学部 准教授)
森井淳(ダンサー・振付家/j.a.m.Dance Theatre)
募集要項・応募用紙
お申し込み方法

1.お申し込み
チラシの申込用紙に必要事項を記入の上、下記の宛先にご郵送ください。

 〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 

2.お振込 
申し込みクラスの受講料をお申込み後1週間以内に下記口座までお振込みください。

振込先:京都銀行 三条支店 普通 4209515
口座名:公益財団法人京都市芸術文化協会
     フリガナ:ザイ)キョウトシゲイジュツブンカキョウカイ


*お申し込み後、1週間を越えてご入金がない場合はキャンセルとみなします。
*ご依頼人氏名のあとに事業番号「001」も必ずご記入ください。
*料金は税込です。
*振込手数料はご負担ください。
*いかなるキャンセルについても返金はいたしません。
*払込受領書は「受講票」となるので開催日まで大切に保管ください。

3.完了
各会場の受付にて、払込受領書を受付でご提示ください。

主催

京都芸術センター
一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント

共催

アンスティチュ・フランセ関西

問合せ先

京都芸術センター
TEL: 075-213-1000
E-mail: shibata@kac.or.jp

チケット/申し込み

京都芸術センター窓口 (10:00-20:00)

提携

ノースキャロライナ芸術大学、Vitlycke - Centre for performing arts

後援

ヴィラ九条山

協力

dance+

一覧へ戻る