京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

★KAC Showcase / Theater ・ Dance

ジャンル
  • ダンス
  • 演劇
形   態
  • 公演
事業区分
  • 主催

関西で活躍するパフォーミングアーティストの競演!

京都芸術センターでは、2000 年の開設当初から「制作支援事業」を行っています。作品創作の場である「制作室」を運営するなかで、そこを利用するアーティストと様々な創作活動を行いながらともに歩んできました。このたびセンター開館15 周年を迎えるにあたり、制作室を使用する5 組のアーティストによるショーケースを開催します。どうぞお楽しみに!
★マークは「KAC Art Festival バラエティボックス」プログラムの一部です。
日時
2016年2月5日(金)、6日(土) 2月12日(金)、13日
<①Theater>
5日(金) 19:30開演
6日(土) 15:00開演 
<②Dance>
12日(金) 19:30開演
13日(土) 15:00開演
会場
京都芸術センター フリースペース
①Theater 出演者
藤原大介(劇団飛び道具) 「たばこの害について」(作:アントン・チェーホフ)
田中遊(正直者の会)  「スタンドバイミー」
広田ゆうみ+二口大学 「いかけしごむ」(作:別役実)
②Dance 出演者
MuDA、男肉 du Soleil
上演時間
Theater 約120分を予定(途中休憩有)
Dance  約90分を予定

藤原大介

1997年に劇団飛び道具を旗揚げ。 以降、現在まで劇団の代表を務め、俳優、演出家として公演に参加。 2003年より落語にも取り組む。 劇団での出演の他、京都芸術センター演劇計画II『また愛か』(作・演出=山崎 彬、2015)など。https://twitter.com/geki_tobidougu

田中遊

1997年「正直者の会」を設立し劇作、演出を務める。 現在《四次元演劇》というコンセプトのもとに「戯式」(田中遊の一人芝居)「戯声」(複数人でのパフォーマンス)の2プロジェクトを展開中。 2012年第14回関西現代演劇俳優賞受賞。 第21回OMS戯曲賞佳作受賞。http://www.geocities.jp/shoujikimononokai/

広田ゆうみ

2006年まで〈小さなもうひとつの場所〉にて活動、現在は〈このしたやみ〉にて京都を拠点に各地で公演を行うほか、他企画への出演、二口大学との企画による別役実作品の上演、〈広田ゆうみ 朗読の会〉としての朗読公演などを行い、近年は落語にも取り組む。

二口大学

京都市在住。 2008年から山口浩章、広田ゆうみとこのしたやみを結成し内外の近代戯曲に取り組みサンクトペテルブルグ等海外でも公演を行う。 京都役者落語会メンバー。 龍谷大学国際学部非常勤講師。 第10回関西現代演劇俳優賞授賞。

MuDA

ダンサー・演出家のQUICKを中心に、多様なアーティスト達が集まり結成されたハイパーパフォーマンスグループ。
「ぶつかることから始まる」「立ち上がり続ける」等、生命の振起活動をカタチに起こした、他者や物体、大地等と常に肉体を衝突させる、MuDA独自の身体術を軸に活動を展開。
多様なメディアを使用した公演、展示、WS等を各地で行う。

HP:http://muda-japan.com/
FB:https://www.facebook.com/muda.japan

男肉 du Soleil

2005年、近畿大学にて碓井節子(うすいせつこ)に師事し、ダンスを学んでいた学生が集まり結成。J-POP、ヒップホップ、レゲエ、漫画、アニメ、ゲームなど、さまざまなポップカルチャーの知識を確信犯的に悪用するという方法論のもと、唯一無二のダンスパフォーマンスを繰り広げている。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004

料金

一般前売 1,000円/当日 1,500円
学生前売 500円/当日 1,000円 (要学生証掲示)
2公演通し券 1,500円 (前売のみ)

チケット/申し込み

京都芸術センター窓口(10:00-20:00)
京都芸術センター ウェブサイト

一覧へ戻る