京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

KAC Performing Arts Program 2015 / Music #2 U-zhaan×蓮沼執太×竹村延和 『Tabla the World』

ジャンル
  • 音楽
形   態
  • 公演
  • トーク
事業区分
  • 主催

U-zhaan×蓮沼執太のコラボレーション。スペシャルゲストとして竹村延和を招きます!

京都芸術センターが主催する音楽事業 KAC Performing Arts Program / Musicでは、講堂や教室など小学校の面影を残す独特な空間を効果的に用い、音楽ホールよりも身近で濃密な音楽体験の場をつくり出すことを目指してきました。今年度は、作曲・演奏・聴取といった「音楽行為」、また「吹く」「叩く」といった「演奏行為」をキーワードに、音楽と身体性の関係をさまざまな角度から提示します。第2回は「叩く」ことに着目し、エスニックでアーバンな音楽を創り出します。

タブラ奏者U-zhaanと音楽家 蓮沼執太によるコラボレーションと、スペシャルゲストとして招くアーティスト/作曲家の竹村延和とのセッションを通じて、「世界一難しい打楽器」や「世界一表現力の豊かな打楽器」と呼ばれるタブラのさらなる魅力を引き出します。
日時
2016年1月15日 (金)
18:30開場(18:00受付開始) 19:00開演
会場
京都芸術センター 講堂
出演
U-zhaan
蓮沼執太
スペシャルゲスト
竹村延和

U-zhaan |ユザーン

タブラ奏者。18歳の頃にインドの打楽器・タブラと出会い、修行のため毎年インドに長期滞在するようになる。オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏にタブラを師事。1999年にはシタール奏者のヨシダダイキチを中心としたユニット・サイコババに参加。2000年からはASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』、『影のないヒト』など4枚のアルバムを発表。2005年にはsalmonとともに「タブラの音だけを使用してクラブミュージックを作る」というコンセプトのユニット、salmon cooks U-zhaanを結成する。2010年にASA-CHANG&巡礼を脱退したのち、rei harakamiとのコラボ曲「川越ランデヴー」、「ミスターモーニングナイト」等を自身のサイトで配信リリースした。その他yanokami、UA、七尾旅人、大橋トリオ、小室哲哉、レキシなど数多くのアーティストの作品にもタブラ奏者として参加している。現在は日本を代表するタブラ奏者として、ジャンルを超えた幅広いアーティストと共演している。2014年10月にはソロ名義での初のアルバム「Tabla Rock Mountain」をリリースした。
http://u-zhaan.com/

蓮沼執太|Shuta Hasunuma

音楽家。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して、国内外でのコンサート公演、映画、舞台芸術、音楽プロデュースなど領域横断的表現を多数制作する。また近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行う。主な個展に『音楽からとんでみる3|have a go at flying from music part 3』(2011年、ブルームバーグ・パヴィリオン|東京都現代美術館)、『音的|soundlike』(2013年、アサヒ・アートスクエア)。舞台作品に『TIME』(2012年、神奈川芸術劇場、国立新美術館)、音楽アルバムに4枚組CD『CC OO|シーシーウー』(2012年、HEADZ / UNKNOWNMIX)、『時が奏でる│Time plays - and so do we.』(2014年、SPACE SHOWER MUSIC)、音楽イヴェント『ミュージック・トゥデイ』の企画・構成も行っている。2月3日に7年半ぶりのスタジオ・ソロアルバム『メロディーズ』をリリース予定。
www.shutahasunuma.com/

竹村延和|Nobukazu Takemura

アーティスト/作曲家。1990年代より国内外で活動する。近年の活動は、日本でのジョン・ケージ生誕100年プロジェクトへの参加や、NYでのスティーブ・ライ ヒとの対談、メキシコ大学での「それぞれの時間で」(2011年)、ベルリンでの舞台「内面化された異物」(2013年)の制作など。音楽作品としては、2012年にツジコノリコとのコラボレーション、2014年にはソロ作品『Zeitraum』を発表。これまで一貫して、子どもの感性をテーマに概念と情動の相克、意味生成と変容・分岐を音・言葉・平面・映像を交え探求している。2008年からはドイツと京都を往来し、現在は京都在住。

主催

京都芸術センター

問合せ先

TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
Email:info@kac.or.jp

料金

前売2,000円/当日2,500円
学生1,500円(前売・当日共)
※要学生証呈示

チケット/申し込み

京都芸術センター窓口10:00~20:00

助成

平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

一覧へ戻る