京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

KAC Performing Arts Program 2015/ Contemporary Dance 『点とドットの主義主張』

ジャンル
  • ダンス
  • その他
形   態
  • 公演
事業区分
  • 主催

昨年度、大植真太郎を招いてワークショップ、ワークインプログレスを開催し、音楽と身体の関係性を問うリサーチを行いました。今年度は、大植真太郎による新作『点とドットの主義主張』を創作、上演します。出演は5月末から6月初旬にかけてワークショップオーディションを経て選出した分野や経歴の異なるダンサー。2年をかけて大植真太郎が紡ぎ出す、音と身体の呼応する新たな作品を是非ご覧ください。

点、シール、沢山、、、身体ありきで自分勝手に一人歩き、言葉足らずの抽象的、そこから出てくるエネルギーみたいなものより、ポタポタ垂れる汗の方が遥かに気になるこの感じ。垂れた汗を見てみれば、並んでるわけでもない、ただの沢山の点。なぜに点。まるでグーグルマップの赤の点。点々と増えてドット柄。でもどれだけ増えてもただの点。二転三転。転がる客観、のたうつ主観、近視に遠視、でも僕らしい。てんてんとはしているけれど大事なモノをちょっとずつその点に置いて来たから、今この点。繋ぐ繋がないなんて、僕は点の話をしたいんだ、線の話はしたくない。今がなければ、明日もなし。でしょ?

※確かにダンスは不可解である。でも不可解であるから面白いのでもある。
                            -大植真太郎ー


構成:大植真太郎
出演:池田仁徳(CHAiroiPLIN)、大宮大奨、小倉笑、児玉北斗、寺尾良子、早津あずき、山崎健吾、山田郷美、李真由子(五十音順)
振付アシスタント・出演:柳本雅寛
音楽アシスタント・出演:堀つばさ
日時
2015年8月29日 (土) - 2015年8月30日 (日)
8月29日(土)19:00開演
8月30日(日)15:00開演
※開場は開演の15分前、受付開始は1時間前

※演出の都合上、開場時間が変更となりました。
会場
京都芸術センター フリースペース

大植真太郎 Shintaro Oue

1975年京都府生まれ。17歳で渡独以降、様々なカンパニーでダンサーとして活躍し、06年より自身の創作活動を開始。08年C/Ompanyを立ち上げ、柳本雅寛、平原慎太郎と活動。現在はスウェーデンを拠点とし、日本での公演活動の他、ヨーロッパ各地でC/Ompany作品を発表。

池田仁徳 Yoshinori Ikeda(CHAiroiPLIN)

ダンサー・振付家・俳優。広島県出身。ダンスカンパニーCHAiroiPLIN所属。
蜷川幸雄、ヤン・ファーブル、近藤良平、平原慎太郎、スズキ拓朗などの作品に出演。また現在は近畿大学豊岡短期大学、国際文化理容美容専門学校、篠原学園専門学校にて非常勤講師として身体実技の授業を担当している。その他、サカナクションPVダンサーなど出演多数。

大宮大奨 Daisuke Omiya

ダンサー・振付家。18歳で渡米、ニューヨークを拠点に数多くのタップマスターに師事。13年イタリアン・インターナショナル・ダンス・フェスティバルにて新人振付家として優勝。14年ジェイディン・ワン・アワード受賞。15年には、シディ・ラルビ・シェルカウイ演出・振付、森山未來主演の舞台『プルートゥ』に出演。新上裕也演出・振付GQ2015 『GABBY』に出演する。

小倉笑 Emi Ogura

1996年岐阜県生まれ。10歳の時に歌劇を始める。その後中学生でコンテンポラリーダンスと出会い、以降京都、東京などで様々なWS、公演に参加する。高校卒業してからは京都を拠点に活動している。存在する事、在り方としての表現を大切にしている。

児玉北斗 Hokuto Kodama

2001年よりカナダやスウェーデンのダンスカンパニーで踊り、現在スウェーデン王立バレエ団ファースト・ソリスト。Inbal Pinto, Wim Vandekeybus, Mats Ek, Johan Inger, Emanuel Gatなどの創作に初演キャストとして参加。 日本では2010年よりproject POINT BLANK、2013年より、JAPON dance projectの立ち上げメンバーとして活動。 www.hokutokodama.com

寺尾良子 Yoshiko Terao

ポールダンサー、バーレスクダンサーとして国内及びアジア諸国でショーを行う。ダンス公演、PV出演や写真モデルとしても活動。

早津あずき Azuki Hayatsu

即興家。群馬生まれ、神奈川県川崎市出身。演劇・ダンス・映画、ジャンルを問わず、「即興表現」から生まれる身体とことばのカオス空間を日夜探求、創成している。「神戸即興温泉」主宰。音遊びの会所属。これまでに、関典子作品、冨士山アネット作品などに出演。重度訪問介護従業者。

山崎健吾 Kengo Yamazaki

コンテンポラリーダンサー、ピラティスインストラクター。
2009-2010年ドイツ・ザクセンーアンハルト州デッサウ市共立劇場バレエ団に所属し、ダンサーとして活躍。2013年カナダ・トロントにてSTOTT PILATES® Full Certificationを取得。帰国後、関西を拠点にコンテンポラリーダンスやピラティスのクラス、ワークショップを指導。2015年7月、兵庫県立芸術文化センター開館10周年記念公演、佐渡裕氏指揮、オペラ『椿姫』に出演。

山田郷美 Satomi Yamada

愛知県名古屋市出身、東京都在住。幼少からクラシックバレエを習い、高校卒業後に日本大学藝術芸学部演劇学科西洋舞踊コースに進学。 在学中より珍しいキノコ舞踊団に参加し、ダンサー、WSアシスタントとして国内外で活動する。

李真由子 Mayuko Le

幼少より、クラシックバレエを始める。コンテンポラリーダンスを加賀谷香、東野祥子に師事。加賀谷香、東野祥子、平原慎太郎作品に出演。2010年あきた全国舞踊コンクールにて5位入賞。

柳本雅寛 Masahiro Yanagimoto

1976年大阪生まれ。1998年より渡欧、Munich Dance Theater、Scapino Ballet Rotterdamなど多くの舞踊団で活躍。2006年大植真太郎、平原慎太郎と「C/Ompany」結成。2011年より自身のユニット「+81」を結成し、青木尚哉と『Lilly』『全力失踪』などを発表。2014年新国立劇場JAPON dance project公演『CLOUD/CROWD』振付・出演。独自のコンタクトメソッドと演劇的な身体表現の融合に取り組んでいる。

堀つばさ Tsubasa Hori

太鼓奏者。京都西陣出身。
京都市立堀川高校音楽科分校打楽器科卒業後、佐渡島を拠点に活動する和太鼓集団「鼓童」に14年間在籍。2010年よりベルギー、アントワープに拠点を移し多様なアーティストとのコラボレーションを展開中。

主催

京都芸術センター
助成:Konstnärsnämnden
平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

URL

http://www.kac.or.jp/

問合せ先

京都芸術センター 
TEL:075-213-1000 

料金

一般前売 3,000円/ 一般当日 3,500円
学生前売 2,500円/ 学生当日 3,000円(要学生証提示)
高校生以下1,500円(前売・当日とも※要学生証提示)

チケット/申し込み

催し名、氏名、ご連絡先、ご希望鑑賞日、チケット種別(一般あるいは学生)を明記の上、京都芸術センターウェブサイトにてお申し込みください。
※6月末より京都芸術センター窓口にてチケット販売開始(10:00~20:00)。

一覧へ戻る