京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

Dance 4 All 2015~新しいファシリテーターとコミュニティをつなぐプロジェクト~

ジャンル
  • 音楽
  • ダンス
  • 伝統
形   態
  • 公演
事業区分
  • 主催

公募で選出した5名のファシリテーターと参加者が織りなす5作品、一挙上演!

京都芸術センターで2009 年度から続くコミュニティダンス企画「Dance 4(for) All」。6年目となる2015年、「コミュニティ」の人々とダンスを繋ぐ役目を担う、新たなファシリテーターとの出会いを求めて公募を行いました。
選ばれたのは市川まや、巖良明、渋谷陽菜、鈴村英理子、余越保子の5名。それぞれの考えるコミュニティを対象に出演者を募り、約2か月のクリエイションを経てダンス作品を創作・上演します。
年齢やダンス経験、たどってきた人生もさまざまな出演者とファシリテーターが出会い、紡ぎ出す5つのコミュニティダンス。個性豊かな5作品をぜひご覧ください!

<プログラム>
市川まや『舎、ieie』
巖良明『モテる男になるためには…』
渋谷陽菜『Space』
鈴村英理子『わたしのたからもの』
余越保子『YOU YEAH!』
(五十音順)
日時
2015年5月31日 (日)
①14:00- (開場13:30)/②18:00- (開場17:30)
※受付は各回とも開場の30分前より
会場
京都芸術センター 講堂ほか
プログラム
■『舎、ieie』
振付・演出:市川まや
出演:江島泰子、北川道裕、九門美月、近藤花奏、佐野淳代、高田育子、田中麻友美、福井喜三、山野博生、他
協力:明倫学区の皆様

「舎」という漢字は様々な意味を持ちます。
いえ、建物、やどる、とどまる、居る、私、捨てる、許す、、、
今回は「明倫学区」に目をむけて、この作品を創ります。
その土地に長く住み続けている者、最近やってきた者、いずれ去る者、足しげく通う者、たまに身を寄せる者。
元明倫小学校の校舎のどこかで、それぞれの居かたを見つけ、そこに立ち、踊りたいと思います。

<市川まや (イチカワ マヤ)/振付家・ダンサー>
京都生まれ、兵庫育ち、大阪在住の関西人。幼少からクラシックバレエを習う。大阪芸術大学、大学院卒業。コンテンポラリーダンスのソロ活動後、劇団「維新派」に参加。Liz Lerman Dance Exchangeの影響を受け、コミュニティダンスに興味を持ち、現在20-70代のダンサーが在籍するKyoto Dance Exchange(=KDE)の活動を明倫学区を中心に行う。現在、代表として奮闘中。

■『モテる男になるためには…』
振付・演出:巖良明
出演:市村友和、乾光男、佐々木吉則、藤井幹明、藤原嘉彦、吉田厚

今回のテーマは「モテる」。
モテるの歴史は古く、江戸時代には既に使われていた言葉とか。
モテるとは、いわゆる、も・てる【持てる】。「持ち得る」から、「支えられる」、
そして「好遇される」と、現代の意味になったそうな。
男というのはいくつになってもモテたい生き物。
モテたいという一言だけでは表し切れない気持ちを身体(ダンス)を使って
シンプルでありながらもロマンある男の魅力を詰め込みたいと思っています。

<巖良明(イワオ ヨシアキ)/演出家・ダンサー>
1984 年大阪生まれ。18歳の時に「モテたい」という動機で始めたストリートダンス。その後京都芸術センターで受けたワークショップをきっかけにコンテンポラリーダンスへ興味の幅が広がり 2011 年渡米。2013年に帰国後、ダンス活動と共に演出家としての活動もスタートさせる。
現在はライブエンターテイメントの演出や企画制作と自身のダンス活動の両方を行う。
フランクリンメソッドLevel1エデュケーター。雑誌DDD専属ダンサー。コンテンポラリーダンスイベント「お・ど・ら・ぼ」主催。

■『Space』
振付・演出:渋谷陽菜
音楽・出演:港大尋
出演:青山清、石田安俊、小林遥、パラン花観、湯澤紗生

人はいつもスペースを感じて生きている。店に入ったとき、その雰囲気や、隣の人との距離、煩いか静かかをほぼ無意識に感じることが出来る。それは誰もが当たり前のように持っている感覚で、時間・環境・相手によって多様に変化する。
私にはそれが、目には見えない何かと人はダンスしてるように思えた。
私達にとって、とても深く透明に根付いた、誰もが出来るダンスなんじゃないだろうか?
今ここに、私が生きて存在すればスペースも存在する。

<渋谷陽菜 (シブヤ ハルナ)/演出家・ダンサー>
1988年新潟生まれ。幼少期から剣道を習う。16歳から創作ダンスを始める。クラシックバレエ、モダンダンス、ストリートダンス、コンテンポラリーを学び、2013年「踊りにいくぜ!!」Ⅱ(セカンド) vol.3 カミイケタクヤ作品「House the homeless」出演。2013年京都に移住し、ハイパーパフォーマンス集団MuDAに加入。ソロとして自身の作品も創作しながら様々な振付家の作品に出演する。

■『わたしのたからもの』
振付・演出:鈴村英理子
出演:加藤実佳、加藤あかり、加藤青葉、佐藤まどか、佐藤つきひ、鈴村咲月、高橋芽生子、高橋貫冶、田中裕紀、田中凛胡、野呂諭美、野呂玄、吉永初美、吉永彩乃

思いどおりにいかないマイペースさも、胸がときめくかわいい仕草も、何を言ってるかわからない言葉も、今しか味わえないほんの一瞬のこと。
日々成長していく、ちいさなカラダをぎゅっと抱きしめて、今このひとときをかみしめる。

<鈴村英理子 (スズムラ エリコ)/振付家・ダンサー>
5歳からモダンバレエをはじめる。大阪芸術大学舞台芸術学科演技演出コース卒業後、役者・ダンサー・CM振付・ワークショップなどの活動をしている。
滋賀県草津市にて「草津ダンス道場」を主催。
2013年に女の子を出産。娘と一緒に踊ったりしながら、日々の子育てを楽しんでいる。

■『YOU YEAH!』
振付・演出:余越保子
アシスタント・出演:福岡まな実
出演:伊藤愛、大籔もも、片岡左知子、川那辺育美、久野武子、清水桜子、鈴木輝子、住吉山実里、竹内真理、谷岡亮、玉邑浩二、中西ツルエ、古川友紀、美輝明希、横内亮太

作品のタイトルはお能の名作、熊野(ゆや)をローマ字に変換したYOU YEAH! です。熊野の舞台は京都の清水寺、その仕舞のシンプルさと美しさもさることながら、謡いのメロディーラインのすばらしさは、多くの人々を魅了してきました。この古典の名作をコミュニテイダンスへと衣替えすることで、京都の今を体現できると信じます。 京都在住の一般の方々、関西在住のダンサー等が一同に舞台に立ちます。

<余越保子 (ヨコシ ヤスコ)/舞踊家・演出家・振付家>
京都とニューヨークを拠点に作品を発表。ベッシー賞(最優秀振付賞)を2003年と2009年に連続受賞。グッゲンハイム フェロー。ホイットニー美術館、 New York Live Arts、The Kitchen、Danspace Project等ニューヨークでの定期的な公演他、 Dublin Dance Festival (アイルランド) 、Theatre de la Ville (フランス)から招聘を受ける 。2013年度JCDN主催「踊りに行くぜ!!」II(セカンド)vol.4への参加作品「ZERO ONE」の英語バージョンを京都で制作中、2015年秋にNY公演を予定している。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター
TEL: 075-213-1000 / FAX: 075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

料金

前売1,000円(小学生以下無料)
当日1,500円

WEB予約

氏名、ご連絡先、お申込人数、鑑賞希望回(14:00開始の回、18:00開始の回いずれか)を明記の上、上記「WEB予約」からお申込み下さい。

チケット/申し込み

チケット取扱い: 
京都芸術センター窓口(10:00~20:00)※5月初旬より販売予定
京都芸術センターウェブサイト(当日受付での精算になります)
※14:00開始の回、18:00開始の回のいずれかをご購入ください。各回とも同じプログラムですのでご了承ください。
※各回とも定員に達し次第、チケット販売を終了いたします。

アドバイザー

エメ スズキ、砂連尾理、ヤザキタケシ、山田珠実、北村成美
片山伸吾、田茂井廣道

企画・制作協力

NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)

平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

一覧へ戻る