京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

KAC アーティスト・イン・レジデンス プログラム2014 インバル・オシュマン×ヤネッツ・レヴィ       ダンスフィルム“The Cuckoo’s Cry”         レクチャー付上映会+ショーケース

ジャンル
  • ダンス
形   態
  • 公演
  • レクチャー
  • トーク
事業区分
  • 主催

京にても 京なつかしや ほととぎす

京都芸術センターでは、2014 年度のアーティスト・イン・レジデンス プログラムにて、イスラエル出身の若手振付家のインバル・オシュマンと小説家のヤネッツ・レヴィを招へいしました。二人は、新作となるダンスフィルムを鋭意制作中です。
そこで、3 月29 日(日)に二人のレジデンスの成果発表を行います。

Even in Kyoto hearing the cuckoo’s cry I long for Kyoto
京にても 京なつかしや ほととぎす

インバルとヤネッツは、松尾芭蕉が読んだ俳句の世界をダンスで表現することを試みます。
言葉も文化も異なる二人がこの句をどのように解釈し、身体表現へと落とし込んでいったのでしょうか。成果発表では、二人によるレクチャーとともに、今回の滞在で制作した実際の映像作品をお見せいたします。さらに、映像とシーンをダンサーが披露するショーケースもあります。

インバルとヤネッツは、抽象的な視点も持ちつつも、シンプルなイメージで観客に強いメッセージを放つことを狙いとしています。
「わかりにくい」と敬遠されがちなコンテンポラリーダンスをもっと身近に感じていただけるよう、ダンスと映像のシンプルな構成が、観客を作品世界へ引き込みます。

さらに、メインダンサーは、Baby-Qの東野祥子、そして素我螺部の藤井b泉と宮原由紀夫の3名。インバルの振付に、それぞれの個性が相乗効果をもたらします。
ダンスシーンを大いに刺激する3名のダンスにも是非ご注目ください!!
日時
2015年3月29日 (日)
開演17:00  (開場16:30)
会場
京都芸術センター フリースペース
クレジット
振付:インバル・オシュマン
構成/演出:ヤネッツ・レヴィ
出演:東野祥子、藤井b泉(素我螺部)、宮原由紀夫(素我螺部)ほか
映像/編集:古木洋平
照明:筆谷亮也

主催

京都芸術センター

問合せ先

〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

料金

無料(事前申込不要)

助成

平成26年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業、駐日イスラエル大使館(東京)

一覧へ戻る