京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

演劇計画Ⅱ-戯曲創作- 山崎彬 作・演出 『また愛か』

ジャンル
  • 演劇
形   態
  • 公演
事業区分
  • 主催

演劇計画Ⅱ、最終章へ

京都芸術センターでは、2004年度からの6年間「演劇計画」と題し、演出家による意欲的な新作の発表に取り組んできました。2013年度からは、3年間をかけて1つの戯曲を創作する「演劇計画Ⅱ」を開催しています。柳沼昭徳(烏丸ストロークロック)と山崎彬(悪い芝居)、2人の劇作家が「二幕の悲劇」というテーマをもとに1本の長編戯曲を創作、その一部をドラマリーディングという形で発表してきました。
今年度は完成した2つの戯曲を、それぞれの劇作家の演出により創作上演します。3年間、待ちに待った新作です。どうぞお見逃しなく。

公演情報・稽古の様子につきましては、こちらもご覧ください。
https://twitter.com/engeki_keikaku2
日時
2015年10月24日 (土) - 11月2日 (月)
10月24日(土)18:00
10月25日(日)14:00
10月28日(水)14:00
10月29日(木)18:00
10月30日(金)18:00
10月31日(土)14:00
11月 1日(日)14:00
11月 2日(月)14:00
10月26日(月)、27日(火)休演
会場
京都芸術センター フリースペース
作・演出
山崎彬
出演
玉置玲央
田中良子(ブルーシャトル)
藤原大介(劇団飛び道具)
中西柚貴(悪い芝居)
山崎彬
山浦徹(化石オートバイ)
渡邊りょう(悪い芝居)
渡邊安理(演劇集団キャラメルボックス)
園木愛
呉城久美(悪い芝居)
上村宏也
山下多恵子
スタッフ
舞台監督:仲里良
照明:加藤直子 
音楽:岡田太郎
音響:児島塁 
美術:竹内良亮 
衣裳:植田昇明 
宣伝写真:堀川高志 
宣伝美術:松本久木
人物相関図
人物相関図
http://www.kac.or.jp/wp-content/uploads/mataaika_relationship.jpg
注意事項
山崎彬 作・演出『また愛か』
公演時間は
一幕:1時間30分/休憩:15分/二幕:1時間を予定しております。

開演60分前より、受付にて整理番号をお渡し、
整理番号順にご入場いただきます。

公演は基本的に定刻開演となります。
遅れてご来場の場合、演出の都合上
一幕は開演して10分ほどはご入場いただけません。
また、15分の休憩後、
お戻りになられない場合はご入場いただけませんので、
ご了承ください。

山崎彬(やまざき あきら)

1982年奈良市生まれ。京都市在住。立命館大学産業社会学部卒業。2004年12月、京都を拠点に劇団「悪い芝居」を旗揚げ。脚本、演出、俳優として活動する。『ベビーブームベイビー』(京都芸術センター舞台芸術賞2007ノミネート)、『嘘ツキ、号泣』(第17回OMS戯曲賞佳作)、『駄々の塊です』(佐藤佐吉賞2011 最優秀作品賞・優秀脚本賞・優秀助演男優賞。第56回 岸田國士戯曲賞最終選考にノミネート )、など脚本家としても注目されている。俳優としての外部出演も多く、最近の出演作に、サンシャイン劇場『ショーシャンクの空に』(脚本:喜安浩平、演出:河原雅彦)、テアトル・ド・アナール『トーキョー・スラム・エンジェルス』(作・演出:谷賢一)、つかこうへい TRIPLE IMPACT『ロマンス2015』(作:つかこうへい、演出:中屋敷法仁)など。二兎社『書く女』(2016年1月~2月、全国公演)に出演予定。

玉置玲央(たまおき れお)

東京都出身。 劇団「柿喰う客」所属。劇団公演のほか、『戯作者銘々伝』、『朝日のような夕日をつれて2014』、『赤鬼』、『SEMINAR─セミナー―』、『真田十勇士』、『飛龍伝』など客演多数。NHK連続テレビ小説『花子とアン』、WOWOW『ヒトリシズカ』など映像出演も増え、活動の幅を広げている。演劇ユニット「カスガイ」の主宰としても活動。高い身体能力と響く声を持ち、今最も注目される俳優の一人である。

田中良子(たなか りょうこ)

大阪府出身。女優、タレントとしてTV・映画・CM・舞台などで活躍中。主な出演歴は、NHK京都「鵜飼いに恋した夏」、テレビ朝日「京都人情捜査ファイル」「科捜研の女」等。現在は、朝日放送「おはよう朝日です」にてレギュラーレポーターとして出演中。山崎彬演出では、舞台『グッドバイ』『スーパーふぃクション』『観音クレイジーショー』『キスインヘル』を経て今作で5作品目となる。

藤原大介(ふじわら だいすけ)

立命館大学在学中より演劇活動を開始。1997年に劇団飛び道具を旗揚げ。以降、現在まで劇団の代表を務め、俳優、演出家として公演に参加。2003年より落語にも取り組む。劇団での出演の他に、演劇計画2004『アルマ即興』(作=E・イヨネスコ/演出=水沼健/2004年)、第9回アトリエ劇研舞台芸術祭『舟歌は遠く離れて』(作=田辺剛/演出=山口茜/2014年)など。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター 075-213-1000

料金

一般=前売3,500円/当日4,000円
学生=前売3,000円/当日3,500円(当日学生証要呈示)

チケット/申し込み

【チケット取扱い】
京都芸術センター 窓口(10:00-20:00)

シバイエンジン(https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=90d7046b9d&s=&)

チケットぴあ TEL 0570(02)9999(Pコード445-044)

協力

ゴーチ・ブラザーズ/ブルーシャトル/劇団飛び道具/悪い芝居/リコモーション/演劇集団キャラメルボックス/株式会社ネヴァーランド・アーツ/ ONEWEEK/株式会社 Quantum Leap/シバイエンジン

一覧へ戻る