京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

キュレータートーク;ステファニー・ローゼンタール

ジャンル
  • 美術
形   態
  • トーク
事業区分
  • 共催

2016年に開催される第20回シドニービエンナーレでアーティスティック・ディレクターを務めるステファニー・ローゼンタール氏をお招きし、トークを開催します。

ローゼンタール氏は、現在ヘイワードギャラリー(ロンドン)のチーフキュレーターでもあり、以前はハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)で近・現代アートのキュレーターとして、著名なアーティストとともに数多くの展覧会を手がけてきました。今回のトークでは、とくにヴィジュアルアートとパフォーマンスの関係を探求しながら行われる、自身のキュレーションの仕事についてお話いただきます。
日時
2014年12月7日 (日)
16:30-18:30
会場
京都芸術センター ミーティングルーム2

ステファニー・ローゼンタール

国際的に評価の高い著述家でもあり、2007年からロンドンのヘイワードギャラリーでチーフキュレーターを務めている。キュレーションの実践においてはヴィジュアルアートとパフォーマンスの関係の探求を重視している。
ケルン大学で美術史の博士号を、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンで修士号を取得。公的機関におけるキュレーションとパフォーマンスについて幅広く執筆・講義を行い、現代アートおよびアーティストに関する数多くのエッセイを雑誌や書籍に寄稿している。最近では大規模な回顧展『Ana Mendieta: Traces』 や『Dayanita Singh: Go Away Closer』(2013)の開催に合わせた出版がある。
ヘイワードギャラリーで手がけた展覧会で注目すべきものに、『MIRRORCITY』 (2014)、『Pipilotti Rist: Eyeball Massage』 (2012)、『Art of Change: New Directions from China』 (2012)、『MOVE: Choreographing You』 (2010)、『Walking in My Mind』 (2009)、『Robin Rhode: Who Saw Who』(2009)がある。
ミュンヘンのハウス・デア・クンストでの10年以上にも及ぶ在職中には、アシスタント・キュレーターとして、また『Night』 (1998) や『Objects in 20th Century Art』 (2000)などいくつかの著名な展覧会の共同キュレーターとして活躍。2000年、近・現代アートのキュレーターに就任後は、『Alan Kaprow – Art as Life』 (2006)、『Aernout Mik – Dispersions』(2004)、『Abigail O’Brien – The Seven Sacraments』(2003)、『Stories. Narrative Structures in Contemporary Art』 (2002)を含む一連の重要な展覧会を手がけてきた。また、2005年にホワイトチャペルギャラリーでも開催され、高い評価を受けたPaul McCarthy、LaLa Land Parody Paradiseのキュレーションも行った。
また、1996年以降近・現代アートをテーマとする国際諮問機関やシンポジウムに参加している。最近の活動としては、2014年2月から4月にコロンビアで行われた「第1回カルタヘナ・デ・インディアス・ビエンナーレ」の国別セクション、「Imperfect Idler or When Things Disappear」のコーディネーターを務める3人のキュレーターのうちの一人に選ばれた。

主催

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)


共催

京都芸術センター

URL

http://haps-kyoto.com/stephanie_rosenthal_talk/

問合せ先

HAPS
e-mail:info@haps-kyoto.com
電話:075-525-7525

料金

無料

チケット/申し込み

HAPS
e-mail:info@haps-kyoto.com
電話:075-525-7525
メールに氏名、連絡先、ご予約人数を明記ください。

一覧へ戻る