京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

展覧会ドラフト2013「Project ’Mirrors’」

ジャンル
  • 美術
形   態
  • 展覧会
  • トーク
事業区分
  • 主催
「Project ’Mirrors’」は「展覧会ドラフト2013」において、2名の審査員により選出された展覧会企画です。本展は稲垣智子の「個展」ですが、稲垣智子・髙嶋慈・多田智美の3名による対話を通して、複数の個性や立ち位置を組み込むことで成立します。
プロジェクトの名称である「Mirrors(=複数の鏡)」には、多様な意味が込められています。稲垣作品の素材として多く用いられる「鏡」は、現代社会のクリティカルな反映であり、同一性と差異の間を揺れ動く鏡像を紡ぎだします。同時に、本プロジェクトによって実現される展覧会やカタログ制作も、プロジェクトメンバーの互いを映し出す「鏡」となっています。
実際の展示では2つに分かれたギャラリーの構造を利用し、作家のキュレーションによる個展と、批評家のキュレーションによる個展の「併存」形式を試みます。
「beautiful sʌn」展(ギャラリー北)では作家・稲垣が新作を発表、未来と過去の時間を意識し、映像やインスタレーションなどのメディアの可能性に挑戦します。一方、「はざまをひらく」展(ギャラリー南)では批評家・髙嶋の眼を通して、「同一性と差異、反復」という構造の下に稲垣作品を読み解き、旧作を再構成して展示します。多田は編集という独自の手法を用いて、企画全体にカタログ制作者として参加します。
美術作家と批評家、編集者の対話を通して立ち現われる展覧会の行方にご期待ください。
日時
2013年2月5日 (火) - 2013年2月26日 (火)
10:00-20:00
会期中無休
会場
京都芸術センター ギャラリー北・南
料金
無料
稲垣智子個展「beautiful sʌn」
キュレーション稲垣智子(美術作家)

キュレーター・ステートメントタイトル「beautiful sʌn」のsʌnのʌは発音記号です。このことによりsʌnがsun(太陽)、son(息子)の二つの意味を持ち、永遠であるかのような「太陽」と未来を示す「息子」の両方を掲げ、その意味は作品を見る人々に委ねます。
稲垣智子個展「はざまをひらく」
キュレーション髙嶋慈(批評家)

キュレーター・ステートメント(部分)稲垣作品は、真偽、リアルとフェイク、人工と自然、受動と能動、自己と他者といった境界が曖昧に揺れ動く「はざま」を作り出すことで、固定観念や常識を揺さぶり、制度化された日常を再考する批評的な力を備えています。その射程は、一見均質でありながらも微細な差異に分断された日本社会の構造に及び、その中で生きる女性としての社会への応答を通して、問いを共有し、思考を強靭にしていく場=展覧会を提示します。
関連企画
1. アーティストトーク「作家・批評家・編集者による展覧会」本展プロジェクトメンバーの稲垣智子・髙嶋慈と審査員によるトークを行います。
日時:2月9日(土)14:30~16:30
会場:和室「明倫」(南館4階) 参加無料・申込不要

2. ゲストトーク「かんがえる身体、うごく心」本展プロジェクトメンバーの稲垣智子・髙嶋慈・多田智美と、きたまり(ダンサー/振付家)によるトークを行います。
日時:2月24日(日)14:00~16:00
会場:ミーティングルーム2(南館3階) 参加無料・申込不要

3. アフタートークカタログ刊行に合わせ、プロジェクトメンバーによるアフタートークを行います。
日時:3月30日(土)14:00-15:00
会場:ミーティングルーム2(南館3階) 参加無料・申込不要

4. ブログ「Project'Mirrors'」関係者による往復書簡を以下のブログで公開しています。是非ご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/mirrors2013/

稲垣智子 Tomoko Inagaki (美術作家)

1975年生まれ。2001年英国ミドルセックス大学美術学部卒。映像インスタレーションを中心に、様々なメディアを用いた表現活動を行う。日本をはじめ、ドイツ、フランス、アメリカなどでも作品を発表。近年の主な個展に、サードギャラリーアヤ、 Centre des Art in Enghien les Bains, フランス等。主なグループ展にはDumbo Art Center NYやKunsthausハンブルグ等。

髙嶋慈 Megumi Takashima(批評家)

1983年生まれ。京都大学文学研究科博士課程在籍。ウェブマガジンPEELER、『明倫art』、批評誌『ART CRITIQUE』、劇評サイト『Wonderland』などの媒体にて現代美術や舞台芸術に関する展評や評論を執筆。

多田智美 Tomomi Tada (編集者)

1980年生まれ。editorial studio MUESUM代表。
2004年龍谷大学文学部哲学科教育心理学専攻卒業後、IMI修了。アート/デザインを軸とした書籍やイベントの編集を手がける。
京都造形芸術大学 ULTRA FACTORY /BY EDITディレクター、DESIGNEASTディレクター、京都造形芸術大学非常勤講師。

主催

京都芸術センター

問合せ先

京都芸術センター TEL 075-213-1000

協賛

㈱資生堂

協力

学校法人大和学園京都製菓技術専門学校
日本原色ドライフラワー研究会
キクイパッキン株式会社
株式会社三菱屋硝子卸店

一覧へ戻る