京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

京都いけばなプレゼンテーション2014         水もの~水辺の草花をいける 花会

ジャンル
  • 美術
  • 伝統
形   態
  • 展覧会
  • ワークショップ
  • トーク
事業区分
  • 共催

『6月6日はいけばなの日』

関西のいけばな界では、諸芸道で、古来お稽古をはじめる吉日とされる6月6日を「いけばなの日」と提唱しています。
「京都いけばなプレゼンテーション」では、いけばな発祥の地、京都から、いけばな文化を広く発信し、多くの方々にお届けするあらゆるプレゼンテーションを試みます。

今回は、さわやかな初夏を連想させる水辺の草花を花材に、京都を中心に活動する華道34流派の家元や代表者、ならびに次代を担う若手華道家等総勢67名が技と美を競いあう展覧会「水もの~水辺の草花をいける 花会」を開催します。また会期中展覧会の関連企画(いけばなの体験、アーティストトーク)も開催します。
日時
水もの~水辺の草花をいける 花会=2014年6月6日(金)-6月8日(日)
10:00~20:00
会場
京都芸術センター  講堂、大広間、フリースペース
出瓶流派 
池坊、いけばな京花傳、いけばな京楓流、一光流、遠州、小原流、御室流、華道表現派、華道本能寺、喜堂未生流、京都未生流、清水流、日下部流、桑原専慶流、甲州流、香風流、小松流、古流松藤会、五明流、嵯峨御流、松月堂古流、専慶流、草月流、月輪未生流、東山未生流、東福寺未生流、峰風遠洲流、細川未生流、未生流、未生流(庵家)、未生流笹岡、未生流中山文甫会、都未生流、洛陽未生流
関連企画 いけばな体験―「いけばなの日 お稽古はじめ」
花会のテーマにあわせ、水辺の草花をいける基本的な作法、技をお稽古します。いけばなの歴史に立脚し、納得の論理を説くレクチャーと、華道家の指導のもと、いけばなのお稽古を受けてみましょう。

日時:2014年6月6日(金)19:00/6月7日(土)14:00/6月8日(日)14:00 (各回同内容、1時間程度)
*定員に達しましたので、受付は終了しました
会場:ミーティングルーム2
参加料:各回500円  定員:各回20名
事前申込制:氏名、連絡先(電話番号、FAX、E-mail)、希望日時を明記の上、電話、FAX、ウェブサイトで申込(受付開始は5月23日(金)から。定員に達しましたので受付は終了しました)
関連企画 アーティストトーク(華道家による解説)
文化を継承し、技を伝授する“お稽古”を重んじる華道家が、展示作品について、使用花材について、さまざまなお話しをします。
日時:2014年6月6日(金)/6月7日(土)/6月8日(日) 11:00~12:00終了予定
集合:大広間
事前申込不要、当日直接、参加無料。

(6日)大津光章

都未生流六世家元
京都いけばな協会相談役

(7日)西阪専慶

専慶流十七世家元
京都いけばな協会相談役

(8日)芦田一馬 

遠州十四代宗家
京都いけばな協会常任相談役

主催

京都市、公益財団法人京都市芸術文化協会

問合せ先

京都芸術センター

後援

京都府、京都府教育委員会、京都市教育委員会、NHK京都放送局、京都新聞、公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー

協力

京都いけばな協会

一覧へ戻る