京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

EVENT ARCHIVE

イベントアーカイブ

新incubation6 堀尾貞治×冬木遼太郎  『Making Sense Out of Nonsense』

ジャンル
  • 美術
形   態
  • 展覧会
  • トーク
事業区分
  • 主催

なにものでもない、なにか

 ある共通テーマのもとに選ばれたベテラン作家と若手作家が出会い触発し、現代美術をさまざまな視点から捉えなおす新incubation(インキュベーション)。6度目となる今回は、作品それ自体はシンプルな構造をもちながらも、奥深く強い輝きを放つ堀尾貞治と冬木遼太郎の作品を紹介します。
 
 ギャラリー北に展示する作家・堀尾貞治は、1985年頃より一貫して「あたりまえのこと」をテーマに制作を続けてきました。色を塗る、手紙を書く、紙を破るなどシンプルな行為をひたすらに繰り返すことで、平凡なものから非凡なものを生み出す堀尾のアートが垣間見えます。日常的な行為「=あたりまえのこと」は堀尾にとってアート活動と同じ意味をもちます。
 ギャラリー南に展示する冬木遼太郎は、「親和性」をテーマに、不意に浮かんだアイデアを次々と作品に落とし込みながら作品をつくります。飛躍するアイデアの連続で成り立つ冬木の作品は、感覚的な部分で鑑賞者と共鳴し、一度ひきつけられると離れられないほどの強い引力をあわせもちます。
 
 堀尾と冬木の作品は、「これはなんだろう?」と思わせることで、わたしたちの理解を軽々と越えてきます。そこには、まだみたことも体験したこともないアッと驚くような知見が隠されているかもしれません。そんな可能性にあふれた二人の作品をどうぞお楽しみください。

冬木遼太郎 HP http://ryotarofuyuki.com/
日時
2014年5月17日 (土) - 2014年6月29日 (日)
10:00-20:00
※会期中無休・入場無料
会場
京都芸術センター ギャラリー北・南
関連イベント① トーク・セッション
「関口君と松田君、僕の絵とかどう思う?」
スピーカー:冬木遼太郎(本展出品作家)×関口正浩(画家)×松田啓佑(画家)
日時:6月1日(日)13:30-15:00
会場:ミーティングルーム2
料金:無料(事前予約不要)
関連イベント② 堀尾貞治によるパフォーマンス
日時:2014年6月7日(土)17:00-18:00
会場:ギャラリー北周辺
料金:無料(事前予約不要)
関連イベント③ アーティスト・トーク 堀尾貞治×冬木遼太郎
会場:ギャラリー北
日時:2014年6月7日(土)18:15-20:00
料金:無料(事前予約不要)

堀尾貞治(ほりお・さだはる)

1939年神戸市生まれ。1965年具体美術協会会員となり1972年の解散まで参加。中学を卒業後、三菱重工に入社。定年まで40年以上勤務する傍ら、美術活動を精力的に継続。横浜トリエンナーレ2005では会期中、毎日新作パフォーマンスを行うとともに「百均アート」と称して、約1万枚の作品を描いた。年間100回以上の展示・パフォーマンスを行っている。

冬木遼太郎(ふゆき・りょうたろう)

1984年大阪府生まれ。2008年、京都造形芸術大学 情報デザイン学科先端アートコース卒業。2010年、京都市立芸術大学大学院 美術研究科彫刻専攻修了。主な展覧会に、「Invasion, Lay, late result」CAP HOUSE/神戸(個展、2007年)、「Welcome」サイギャラリー/大阪(個展、2010年)、「SAYING」 ハイネストビル/京都(個展、2011年)、「ANTEROOM PROJECT」 ホテルアンテルーム京都(グループ展、2012年)などがある。2010年京都市立芸術大学制作展 大学院市長賞 受賞。

主催

京都芸術センター

問合せ先

TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
Email:info@kac.or.jp

一覧へ戻る