京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

(締め切りました。)作家ドラフト2014 作品展示プランを募集します!

京都芸術センターであなたの展覧会を実現してみませんか。


若手アーティストの発掘・支援を目的に行われる京都芸術センターの「作家ドラフト」。
本企画は、美術に限らず各界の第一線で活躍する方を審査員に招き、その独自の視点から審査を行うことが特徴です。
今回の審査員は青木淳氏です。建築家としてはもちろん、美術作家としても活躍する青木氏の視点から、どのような作品が選ばれるのでしょうか。
作品ジャンルは問いません。新しい発想と表現に満ちた作品をお待ちしています!

※4月1日(月)10時~15時、17時~20時の時間帯は、ギャラリーを見学することができます。事前に作家ドラフト係までご連絡ください。075-213-1000

募集要項のダウンロードはこちら

応募用紙(pdf)

応募用紙(word)

募集内容


京都芸術センターのギャラリー北・南いずれかの空間を活用した作品展示プランを募集し
ます。表現の形式は自由です。グループでの応募も可とします。

応募・参加資格


・作品ジャンル・性別・年齢・国籍不問。
・入選した場合、展覧会の準備、開催及び撤去に至るまで責任をもって遂行できること。

実施概要


募集開始
2013年4月1日[月]

募集締切
2013年4月20日[土](当日消印有効、持参の場合は20時まで)

審査
審査員による書類選考にて、ギャラリー北・南について入選者各1名(組)を決定。

結果通知
郵送にて6月初旬、全員に結果通知を行います。

展覧会開催日程
2014年2月の約1ヶ月間(開催日程の詳細については後日相談)

展覧会会場
ギャラリー北・南(京都芸術センター内のその他の会場使用に関しては、入選後に調整の上決定。)

応募方法


受付期間
2013年4月1日[月]-4月20日[土](当日消印有効、持参の場合は20時まで)

応募方法
上記の期間中に【1】応募用紙、【2】企画書(必須)【3】その他資料(任意)
を京都芸術センターへ送付してください。

a.応募用紙は、京都芸術センター内、京都市内の文化施設等で配布しています。
また、こちらからもダウンロードできます。郵送を希望される方は、京都芸術センターまで
ご連絡ください。

b.企画書は、上記の応募用紙とは区別し、A4用紙4枚以内にまとめてください(両面不可)。
・展示プランのコンセプト
・作品情報(タイトル/制作年/素材/サイズ/重量)
・展示方法(イメージスケッチ、図面等)*立体模型は不可

c.その他資料(任意)
※ポートフォリオ可(ポートフォリオのみ希望者には返却します。返却方法は募集用紙にご記入ください。)
※映像や音楽などの資料は、DVDもしくはCD-Rにて2部ずつ提出してください。
(ディスクの表面に応募者氏名、作家名、作品タイトルを明記)

提出先


〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
       京都芸術センター「作家ドラフト2014」係

審査員:青木淳(あおき・じゅん)

建築家。青木淳建築計画事務所主宰。<青森県立美術館>、<潟博物館>などの公共建築の他、一連のルイ・ヴィトンの店舗設計で知られる。青木淳ホームページ

審査員からのメッセージ

日本のなかの、京都のなかの、古くから栄えてきたその町のまんなかの、校区の住民からの寄付もあって、1931年、豪華な鉄筋コンクリートのつくりで開校した明倫小学校の、今では「京都芸術センター」として使われているその建物のなかの、ふたつの空間で、ある時期限定で行われること。そんな大きな文脈をイメージして考えてくれたら、と思います。






[上] ギャラリー南 [下] ギャラリー北 撮影:清水俊洋



主催・お問い合わせ:京都芸術センター「作家ドラフト係」
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

一覧へ戻る