京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

【参加者募集】アーティスト・イン・レジデンス プログラム 2019 京都芸術センター×ヴィラ九条山 リサーチレジデンシー/アンスティチュ・フランセ シテ・アンテルナショナル・デザール



京都芸術センターでは、2000年よりアーティスト・イン・レジデンスプログラムを実施し、異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする、新進又は若手のアーティストや研究者の京都での滞在制作を支援してきました。
「京都芸術センター×ヴィラ九条山 リサーチレジデンシー/アンスティチュ・フランセ シテ・アンテルナショナル・デ・ザール」は、特にフランス・パリでのリサーチに取り組みたいアーティスト、研究者、キュレーター、プログラム・ディレクターを対象にしたプログラムです。1ヶ月あるいは2ヶ月の期間、パリの中心部にあるシテ・アンテルナショナル・デ・ザールに滞在し、リサーチ活動を行うことができます。
 パリのアートシーンに興味のある方、じっくりリサーチに取り組みたいと考える方からの応募をお待ちしています。

ダウンロード


募集要項 PDF
応募用紙 PDF / WORD



応募資格


-日本に居住し、活動を行うアーティスト、研究者、キュレーター、プログラムディレクター(国籍、年齢、芸術ジャンルは問いません)
-パリでの滞在、リサーチを希望する理由が明確である方
-英語またはフランス語でのコミュニケーションが可能である方
-終了後、京都芸術センターあるいはヴィラ九条山が主催する報告会等に参加できる方

※個人での応募のみ。複数人の滞在はできません。

活動条件


-滞在期間は①2019年10月9日(水)-11月4日(月・祝)②2019年11月9日(土)-2020年1月4日(土)(各1人)
-滞在中は応募時の企画に基づいたリサーチを行うこと
-シテ・アンテルナショナル・デ・ザールの滞在利用ルールに従って滞在すること

支援内容


-リサーチ費として10万円(外税)の支給 *①②どちらの場合も。
-宿泊場所・"ヴィラ九条山"スタジオ(シテ・アンテルナショナル・デ・ザール内)の提供
-京都芸術センター及びヴィラ九条山からのアドバイス等のサポート
-滞在中のシテ・アンテルナショナル・デ・ザール、アンスティチュ・フランセからの面談でのフォロー

※パリまでの渡航費・交通費、滞在中の食費や各国内での交通費、保険料は応募者の負担となります。尚、滞在期間中の事故・病気など、不測の事態が起こった場合、参加者の責任によるものとします。必ず旅行保険等にご加入ください。 



締切


2019年7月25日(木)必着
※郵送は必着。持参は20時まで、メールは23:59まで受付。

応募方法


応募用紙に必要事項をご記入のうえ、資料を添えて下記応募先までメールにてご提出ください。メールが使用できない場合は、封筒に「アーティスト・イン・レジデンス/アンスティチュ・フランセ シテ・アンテルナショナル・デ・ザール申請用紙」と朱書きの上、郵送もしくは持参でご提出ください。応募用紙は日英併記、もしくは英語でご記入ください。
※応募用紙は返却しません。
※応募用紙は上記よりダウンロードできます。

添付資料:過去の活動資料、リサーチプラン詳細をA4で合計4枚以内のPDFファイル(5MB以内)にまとめてください。

選考と結果


外部審査員を含む審査委員会で審査し、応募者全員にメールにて通知します(2019年8月上旬予定)。選考についての問い合わせは受け付けておりません。

応募・問合せ


京都芸術センター「アーティスト・イン・レジデンス/アンスティチュ・フランセ シテ・アンテルナショナル・デザール」係
〒604-8156京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 
TEL:075-213-1000 
WEB:http://kac.or.jp E-mail:residence@kac.or.jp
[受付時間]10時~22時

※応募に関しての個別相談を受け付けています。担当(當間、勝冶)までお問合せください

一覧へ戻る