京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

”KIPPU”採択団体 安住の地「ポスト・トゥルースクレッシェンド・ポリコレパッショナートフィナーレ!」の批評文を公開しました

U35創造支援プログラム"KIPPU"採択企画、安住の地「ポスト・トゥルースクレッシェンド・ポリコレパッショナートフィナーレ!」(2019年1月17日~20日、於:ロームシアター京都 ノースホール)につきまして、徳永京子氏(演劇ジャーナリスト)、梅山いつき氏(演劇研究者)による批評文を公開しました。

徳永京子 《移動、侵食、運動、共鳴。》

梅山いつき 《世界を更新するのではなく、世界と行進する》

■"ポスト・トゥルースクレッシェンド・ポリコレパッショナートフィナーレ!"公演詳細はこちら
■U35創造支援プログラム"KIPPU"はこちら

撮影:中谷利明
一覧へ戻る