京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

アーティスト・イン・レジデンス プログラム 2018 パフォーミング・アーツ部門 滞在アーティスト発表!

京都芸術センターでは、異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする新進のアーティストや芸術分野の研究者の滞在創作活動を支援するアーティスト・イン・レジデンスプログラムを実施しています。

「アーティスト・イン・レジデンス プログラム2018 パフォーミング・アーツ部門」応募概要はこちら

アーティスト・イン・レジデンス プログラム 2018 パフォーミング・アーツ部門への応募330件の内、有効件数307件(演劇:31件、音楽:33件、ダンス:96件、その他:147件)の中から、1組のアーティストを決定しましたので発表いたします。

2018年滞在アーティスト

Marios Joannou Elia
キプロス在住/音楽
WEBSITE

----
なお、最終選考には以下のアーティストが選出されました。

Alexandra Grimal
フランス在住/音楽
WEBSITE

Blake Harris
アメリカ合衆国在住/演劇
WEBSITE

Manuela Infante
チリ在住/演劇
WEBSITE

Katharina Köller -SOMAPHONICS
オーストリア在住/その他(参加型オーディオビジュアルパフォーマンス)
WEBSITE

Žibuoklė Martinaitytė
アメリカ合衆国在住/音楽
WEBSITE

Reza Mirabi
ドイツ在住/ダンス

Anna Zoumpa -Krama dance company
オーストリア在住/その他(ダンス x 演劇)
WEBSITE
一覧へ戻る