京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

Co-program(コープログラム) 2018 プラン 募集

一緒に公演や展覧会を実現しませんか。

京都芸術センターは、伝統芸能と現代美術等、異なるパラダイムの触発・融合・溶解の中から、新しく挑戦的な芸術文化を創造することを目指しています。平成30年度もアーティストとの連携を強化して創作・発表の幅をさらに広げるべく、Co-programを実施します。
Co-programでは、京都芸術センターと共同で行う事業プランを募集します。プランを提出いただき、審査の上採用されたプランの実現に向けて、申請者と京都芸術センターが一緒に取り組むプログラムです。
応募枠は、支援内容や分野に応じて4つあります。カテゴリーA「共同制作」(公演事業)、カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)、カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、レクチャー、ワークショップ等)、カテゴリーD「KAC セレクション」(演劇、ダンス、音楽、伝統芸能等の舞台芸術の分野で、発表に限定して支援を行う)の4つです。みなさんの先駆的かつ実験的な企画をお待ちしています。

カテゴリー別支援内容一覧

申請書


各会場の平面図はこちらからダウンロードできます。※掲載のない会場の図面が必要な場合はお問合せください。

ギャラリー北・南
 
講堂
 
大広間
 
フリースペース


応募期間:平成29年10月23日(月)~ 11月18日(土) 20:00必着
プラン条件:芸術・文化に関係する事業で、広く一般に公開される事業
募集分野:ダンス、演劇、音楽、美術、伝統芸能、その他
審査基準:新規性があり、実験的であること
応募資格:意欲的な芸術表現を試み、市民との交流に対する活動を
継続的に展開している芸術家・芸術団体及びそれらを支援する個人・団体
※営利活動、宗教的、政治的活動を主たる目的とする事業には使用できません。
※趣旨に合致する応募がない場合は、プランが選出されない場合もあります。

提出書類:下記の➀~➃を郵送もしくは直接持参にて提出してください。
➀ 所定の申請書(「A. 共同制作」「B.共同開催」「C.共同実験」はフォーマットIのみ、「D.共同発表」はフォーマットIとIIの両方)
➁ 企画書
企画コンセプト、関係する主な芸術家、スタッフ、準備から開催、終了までのスケジュール、実施方法などを具体的に記入すること。図面などの資料がある場合は添付すること。
ただし紙資料はA4サイズで統一し、片面印刷で最大4枚までとする。
➂ 予算書
A4サイズで1枚にまとめること。
➃ 活動資料
経歴、活動歴等を明記したプロフィール、これまでの活動の内容がわかる資料や批評文等。
ただし紙資料はA4サイズ(片面印刷で最大4枚まで)で統一すること。
※映像資料はDVD、音源はCDで提出してください。
※提出書類、資料の返却はできません。

審査・実施手順:申請→審査→通知→面談(書類審査通過者対象)→最終決定
※結果は応募者全員に通知します。

応募先
京都芸術センター コープログラム係
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2


※展覧会については、施設管理と作品保全の観点から、会場をギャラリー北・南に限定してカテゴリーB「共同開催」のみで募集
一覧へ戻る