京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

【2017年11月1日正午】演劇計画Ⅱ-戯曲創作- 「S/F ―到来しない未来」新作戯曲第一稿公開!!



新鋭劇作家が、3ヶ年という時間をかけてひとつのテーマと向き合い執筆する、「演劇計画Ⅱ―戯曲創作―」。松原俊太郎、山本健介の両氏が「S/F ―到来しない未来」というテーマの元、2016年より新作戯曲を執筆しています。劇作家は、テーマに関連する様々なトピックについて考察を深める「KAC S/F Lab.(カックエスエフラボ)」や合評会を経て、2018年12月の戯曲の完成を目指しています。

そして、ついに、第一稿が、2017年11月1日正午、下記アーカイブウェブサイトにて公開!

演劇計画Ⅱ-戯曲創作- 「S/F ―到来しない未来」アーカイブウェブサイトhttp://engekikeikaku2.kac.or.jp/


公開された戯曲第一稿は、オープンソースライセンスの下、一定条件下で自由な使用を許諾します。
戯曲の完成を待たずに、第一稿を元に上演や創作をすることが可能です。
詳細は、公開時にお知らせします。

演劇計画Ⅱアーカイブウェブサイトでは戯曲以外にも、オープンラボの記録映像やテクストを随時公開していきます。


また、11月3日(土)には、ゲストに哲学者の入不二基義氏をお迎えしてのKAC S/F Lab.オープンラボも開催します。
KAC S/F Lab. オープンラボvol.3「現実と時間」

一覧へ戻る