京都芸術センター|KYOTO ART CENTER
 

NEWSニュース

京都芸術センター×A4 Art Museum アーティスト・イン・レジデンスプログラム派遣アーティストが決定しました

京都芸術センターでは、2000年よりアーティスト・イン・レジデンスプログラムを実施し、新進、若手のアーティストや研究者の京都での滞在制作を支援してきました。
本年度より、新たにA4 Art Museum(中国・成都市)とのエクスチェンジプログラムを開始し、日中のアーティストが、異なる文化、環境の中でリサーチ・作品創作に向き合うことで、刺激に満ちた新たな作品が生み出されることを目指します。

この度、派遣アーティストを決定しましたので、お知らせします。

派遣アーティスト(日本):パラモデル林泰彦
林泰彦は2017年7月-8月にA4 Art Museumに滞在します。

派遣アーティスト(中国):Tao Hui
Tao Huiは2017年6月-8月に京都芸術センターに滞在します。

京都芸術センターアーティスト・イン・レジデンスプログラムについてはこちらをご覧ください。
一覧へ戻る